So-net無料ブログ作成

平昌五輪のあれこれ [スポーツ]

日本の獲得メダル数も長野五輪を超え、冬季五輪史上最多を記録した平昌五輪が閉幕しま
した。今大会は時差が無いので、睡眠を削ってテレビにかじりつく必要もなくて助かりま
した。まあ、軽くヒッキーにはなってしまいましたが…

さて、冬季五輪競技の中で、私が最もテレビ観戦を楽しみにしているのはカーリングなの
です。今回は男女共に出場が叶ったことで試合中継が充実していて、かなり満足度が高か
ったです。男子は残念ながら予選敗退となりましたが、女子は準決勝に進出しただけでな
く、何と銅メダルまで獲得。満足感は更にアップしました。本気で金メダルを狙っていた
であろう他の強豪国に比べると、比較的伸び伸びプレーできたと思われる今大会のメダル。
国民の期待も注目度も更に上がる今後のほうがプレッシャーが大きくなるかもしれないで
すね。カーリング・ファンとしては是非頑張って欲しい。

また、スピードスケート日本女子、特に高木菜那選手(金2)と高木美帆選手(金1・銀1・
銅1)の高木姉妹、小平奈緒選手(金1・銀1)の活躍は凄かったですね。速さや着順を競
うという分かりやすいスポーツの金メダルが決まる瞬間の感動は格別、とりわけ団体パシ
ュートは団体戦ならではの興奮も相俟って圧倒的。決勝戦に間に合うよう帰宅して一緒に
テレビ観戦した主人と二人で大いに盛り上がりました。マススタート金の瞬間も、カーリ
ング中継の最中にチャンネルを切り替えたことを後悔させない素晴らしいものでした。

そして、冬季五輪の華フィギュアスケート。最も楽しみにしていたのは女子シングルの金
メダル争いです。お気に入りのアリーナ・ザギトワ選手が、SPの小差でエフゲニア・メド
ヴェージェワ選手との頂上対決を制して金。ザギトワ選手はジャンプはもちろんのこと、
スピンの軸足まで綺麗、大舞台での3Lz-3Loのリカバリには驚嘆しました。金メダルが決
まった瞬間、嬉しさを噛みしめて控えめに涙ぐむ姿も印象的でした。やはりシングル競技
の頂点にはジャンプの良い選手がふさわしい。個人的にメドヴェージェワ選手のジャンプ
は好みではいので、新女王の誕生は歓迎しています。恵まれた容姿と身体能力、強さと美
しさを併せ持つザギトワ選手はまだ15歳、五輪金メダリストになっても辞めないでね。
日本女子は4位と6位ですから、ソチの成績を超える悪くない結果だったと思います。

ところで、フィギュア男子シングルは羽生結弦選手と宇野昌磨選手による日本のワン・ツ
ー・フィニッシュ。本来ならば感動すべきところなのでしょうが、羽生選手の演技後に投
げ込まれる大量のプーさんのぬいぐるみを見て一気に興醒め、こちらの緊張感が切れてし
まい、真面目に観戦する気が失せました。五輪の時くらい次に滑る選手に配慮できないも
のでしょうか。この選手にしてこのファンあり。SPのネイサン・チェン選手、FSのハビ
エル・フェルナンデス選手、羽生選手の二連覇を阻む可能性の高い選手が被害に…何だか
出来過ぎな気がしてスッキリしない男子シングルでした。最も感動したのは、団体戦に賭
けたパトリック・チャン選手の金メダルです。やはりスケーティングは別格(ジャンプの
質も良い稀有な選手だと思う)。チェン選手のクワド6本のFSもワクワクしました。

最期に、スノーボード男子ハーフパイプでソチに続き二大会連続銀メダルを獲得した平野
歩夢選手が見違えるほどカッコよくなっていてびっくりしました。素人の私の目には演技
の出来は金メダルのショーン・ホワイト選手よりも上に見えたのですけれど、ちょっと残
念。ただ、相手はスノーボード界のカリスマですし、平野選手自身も採点には「会場の雰
囲気も滑走順も関係してくる」と潔く結果を受け止めているとのこと。まだ若いので次の
北京五輪も出場可能。東京五輪から新たに採用されるスケートボードで夏季五輪をも目指
すかもしれないとの話も出ているようで、今後の活躍が益々楽しみです。

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 4

AnotherGreenWorld

こんにちは。今回の冬季五輪は仕事が忙しくて見るチャンスが少なかったですけど、日本はとっても好成績だったみたいで嬉しいですね。特に女子が、2大会金の羽生選手も霞んでしまうくらいの大活躍で、羽生選手ご本人には気の毒ですが、とても喜ばしく思いました。確かにぬいぐるみをリンクに放り込むのは、迷惑だし危険でもあるので、なくしたほうが良い習慣ですよね。彼も何がしかのステートメントでも発表すれば良いのにとも思います。まあ、期待薄でしょうけど。

さてさて、日本人選手以外だと、私も個人的には、Pチャンの団体金メダルが嬉しかったです。多競技に比べて、フィギュアの女子は寂しかったですね。宮原選手ですが、At her bestで4位ですから、目出度いのでしょうけど、ロシア勢と比べると見劣りする感は否めないなぁ。次世代が順調に育ってくれることを切に祈る気分です。;-)

カーリングはルールや作戦が難しくてまだよく理解できてないのですが、ちょっと注目してます。今回の活躍でファンになった人も多いでしょうから、次回の北京に向けて盛り上がるといいですね。:-)
by AnotherGreenWorld (2018-03-01 18:35) 

GreenGarnet

AnotherGreenWorldさん、こんにちは!
以前は浅田真央さんの演技後の投げ込みがすごかったですよね。浅田さんが引退して女子は落ち着きましたが、今は男子がね。。。自己中な羽生選手はこの状況をむしろ歓迎していると思いますよ。フィギュア界はジャパンマネーに頼り切っていますから、選手達も諦めているのでしょうけれど、特に次に滑る選手は気の毒です。「リンクに糸くずでも残ったら」と考えると、競技としてはどうかとも思います。まあ、それだけ緩いスポーツということなのでしょう。私の周りでは、羽生選手の二連覇に注目する人はあまりいないかな。予定調和的、既定路線的にしか見えないようです。
安藤美姫さんと浅田さんのツートップ時代を知っている身としては物足りないですけれど、日本女子は4位と6位で成績はソチよりもいいのですよね。ただ、宮原さんはジャンプが何とかならないと、これ以上はなかなか難しいかと。。。次世代というと、昨季ジュニアでザギトワ選手と戦った本田真凜選手がすっかり差をつけられちゃいましたね。ジュニアで有望な選手はいても、シニアのトップで活躍するのは難しいですからね。さて、どうなるでしょう。。。
カーリングは面白い!日本チームが出ていない他国同士の試合でも!特に強豪国同士の試合は痺れます。本当に盛り上がって欲しいです。
by GreenGarnet (2018-03-02 16:10) 

AnotherGreenWorld

こんばんは。羽生選手のファンについて面白い記事を見つけました。http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54667
フィギュアスケートファンというよりは、数年前の韓流スターの追っかけおばさんって感じのようですね。こんなの許してるとフィギュアスケート自体の評判を下げますよって言って上げたいですね
by AnotherGreenWorld (2018-03-05 22:32) 

GreenGarnet

AnotherGreenWorld さん、
記事を読ませていただきました。「韓流スターの追っかけおばさん」は言い得て妙ですね。なんか皆さん、実生活があまり幸せでないようにも聞こえます。ご主人方も、奥様方を大事にしてこなかった過去のツケを支払っている感じでしょうか。追っかけなどとは縁のない人生を歩んできた私には、全く共感できない世界です。
ユヅヲタさん達の多くがフィギュアファンでないのは、マヲタさん達とよく似ていますよね。はた迷惑な言動を繰り返すのもソックリ。ユヅヲタさんには中国人や韓国人も多いらしいですよ。彼らの国民性と羽生選手の人間性には相通ずるものがあるのかも。羽生選手が王者というだけで、フィギュアスケートの評判が下がっているように感じるのは私の周りだけでしょうか。
by GreenGarnet (2018-03-06 00:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。