So-net無料ブログ作成

世界フィギュア2018(ミラノ大会) [フィギュアスケート]

イタリアのミラノで2018年世界フィギュアスケート選手権が開催され、男子シングルの
宇野昌磨選手2位、友野一希選手5位、田中刑事選手13位、女子シングルの樋口新葉選手
2位、宮原知子選手3位という結果となり、男女共に3枠を獲得しました。また、アイス
ダンスの村元哉中&クリス・リード組は11位、ペアの須崎海羽 &木原龍一組はSP24位
でフリーに進むことができませんでした。

女子シングルは日本のダブル表彰台。ロシア勢が崩れたとはいえ、快挙だと思います。
2枠から3枠に戻しましたし、言うこと無しです。樋口選手はSP8位から追い上げて銀メ
ダル。ほぼノーミスのFSは圧巻でした。やはりジャンプが決まれば高得点を期待できる
選手ですね。来季こそ安定した演技を!宮原選手は怪我を乗り越えて頑張っているとは
思うのですが、スポーツとして見ると、常に回転不足気味な彼女のジャンプは苦手です。

女子の優勝はカナダのケイトリン・オズモンド選手。私の好みとは微妙にズレるものの、
滑りの質も良くジャンプにも迫力があり、安定感が備わると本当に強い選手だと思います。
エフゲニア・メドヴェージェワ選手不在のロシア勢は総崩れでしたが、何とか3枠は死守
しました。今季負けなしだったアリーナ・ザギトワ選手がFSで3回転倒、SP2位から順位
を落としてまさかの5位。五輪金メダリストとなり十分に練習できず、この1ヵ月で3㎝ほ
ど身長が伸びたとの情報もネットで目にしました。身体能力の高い選手だと思うので上手
くアジャストするでしょうけれど、(来季は有力選手のシニア移行はないものの)ロシア
女子は下からの突き上げが半端ないので大変。今季世界ジュニアの覇者アレクサンドラ・
トゥルソワ選手は何と4Tと4Sの2回のクワドを成功させ、FSで技術点92.35を記録しまし
た。凄すぎです。カナダは3枠確保、アメリカ勢は精彩を欠き2枠に減らしました。

一方、男子シングルの優勝は、SP、FSともに気合の入った演技で五輪の雪辱を果たした
アメリカのネイサン・チェン選手。基礎点 115.11というクワド6回構成のFSは、現時点
では彼にしかできない神業ですね。SPもFSもミスありで合計321.40という得点がその
難度の高さを物語っています。今季プログラムはSPもFSも私のお気に入りです。3位の
ロシア代表ミハイル・コリヤダ選手の演技にはいつも何故か惹きつけられます。スケーテ
ィングも表現もジャンプの質も良いからかしら。そして、男子のまさかは中国のボーヤ
ン・ジン選手。FSで5回転倒、SP4位から19位まで順位を落としてしまいました。主人は
彼のジャンプが好きなようで、「羽生結弦選手よりもいいジャンプ」と申しております。
アメリカは3枠確保、ロシアも3枠に増やしましたが、中国は1枠になってしまいました。

さて、羽生選手の欠場により日本男子の枠は減るかもしれないと覚悟していたのですが、
蓋を開けてみると嬉しい3枠確保。足に痛みを抱えた宇野選手も何とか踏ん張って2位、初
出場の友野選手もSP11位からFS3位で大きくジャンプアップして5位入賞の大活躍でした。
友野選手はまさにシンデレラ・ボーイ。演技も魅力的。今後の活躍にも期待したいですね。

ところで、来季に向けてのルール改正に関して、GOEが-5から+5の11段階になる案が
出ているのだとか。GOEなどという付加的なものはどうでもいいので、ジャンプそのもの
の認定を厳しくしてもらいたいものです。過剰なプレロテ、エッジジャンプの変形のよう
なトウジャンプもどきはいつ取り締まるのでしょうか。巧妙に難度を下げた自己流ジャン
プにプラスのGOEを与える現状は興醒めもいいところです。一応、スポーツなのですから。

nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 8

AnotherGreenWorld

おっ、予告通りフィギュアスケートの記事きました!
確かに、ラッキーがあったとはいえ、女子が3枠確保できたのはめでたいですね。真凛ちゃんが期待外れだっただけに、嬉しい気がします。樋口選手と宮原選手はタイプがずいぶん違うようで良い補完関係になりそうですね。
男子については、私はどちらかというと羽生選手には否定的なので、彼なしに3枠取れたのは痛快でございました(笑)
そうそう、ルールを整備して、スポーツらしくジャンプを厳密に評価して欲しいものです。一時は良いトリプルアクセルを跳んでいた浅田選手が末期にはしょぼいジャンプに成り下がったみたいなのは、観てて面白くないですから。

by AnotherGreenWorld (2018-03-29 23:09) 

GreenGarnet

AnotherGreenWorldさん、
男女共に3枠ゲットできて良かったですね。宮原選手は見た目の安定感と丁寧な演技が売り、樋口選手は安定感には欠けるものの、スピード、パワフルな演技、ポテンシャルの大きさが魅力ですね。主人も「男子は羽生選手が居なくても大丈夫じゃないか」と上機嫌ですよ。
真凜ちゃんと言えば、拠点をアメリカに移すというニュースが飛び込んできましたね。ラファエル・アルトゥニアン・コーチに師事するのだとか。アルトゥニアン氏といえば、浅田真央さんが本人比で一番いいジャンプを跳んでいた頃のコーチですね。今はネイサンも師事しています。濱田コーチとは相性が良くなさそうなので、いい選択なのではないかとワクワクしています。
フィギュアスケートのルールや採点方式って変ですよね。ジャンプ離氷時のチートには甘く、着氷時のそれには厳しい。時に、氷上でかなりの回転を稼いでいる選手が回転不足を取られず、空中でより多く回っている選手のほうが回転不足を取られるという理不尽なことが起こります。また、スポーツとしてはできるだけ公平で客観的な方向に進まなければならないのに、主観的なGOEの幅を拡大とか、ISUは今以上にさじ加減で勝敗を決めるおつもりかしら。日本は比較的恩恵を受ける側ですけれど何か微妙。ちなみに、男子シングルFSの演技時間短縮とジャンプの回数が7回に減る案には賛成です。前々からそうなって欲しいと思っていました。
by GreenGarnet (2018-03-31 10:29) 

AnotherGreenWorld

おぉ、ご主人と意見が合いますね。フィギュアスケートの花はやっぱ女子シングルですかね。特に日本では。なので、真凛ちゃんがうまく軌道修正できるといいなって思います。
羽生選手の2大会連続金も大きな話題にはなりましたけど、いまいち持続してない感じです。かれの自己中にも見えるキャラにもよるのかなとも思います。
話は若干それますけど羽生選手みたいに若いうちに大きな成功を納めてしまった人ってその後の人生で苦労することが多いですよね。ちょうどバブルやカリスマブームを経験したその店長さんみたいにね。
話が混信したまま書いてしまうと、「正統派ストロングスタイル」で行こうぜ、チーとジャンプもすきバサミも禁止な!!って言いたいです(笑)
by AnotherGreenWorld (2018-04-01 23:09) 

GreenGarnet

AnotherGreenWorldさん、
確かに、フィギュアスケートは女子のスター選手不在では盛り上がりに欠けますね。真凜ちゃんは演技に華があって魅力的な容姿、スケートの才にも恵まれた希有な選手。気分一新して、アメリカで再出発して欲しいと思います。ただ、気になるのは、本人にアスリートとしての強い闘争心が感じられないことかな。
私はあまりテレビを見ないので羽生選手がどのように取り上げられているのかよく分からないのですが、私の周りに限って言うと、五輪二連覇も予定調和的であまり感動を呼んではいないです。主人も以前は羽生選手を応援していたのですけれど、過度なナルちゃんと自ら率先して印象操作に参加しているところが許容範囲を超えてしまったみたいです。「五輪金メダリストの成れの果て」というのは少なからず聞く話ではありますね。運やブームを実力と勘違いすると、後でロクなことにならないですよね。
スポーツでズル、仕事で手抜きはいただけません。回転不足対策にプレロテで回転を稼ぐような選手が日本のエースというのは微妙。恥ずかしくないジャンプを跳ぶ選手にトップに立ってもらいたいです。
by GreenGarnet (2018-04-02 21:45) 

AnotherGreenWorld

こんばんは。
ご存知かもですが、宇野選手が話題になってました。五輪のメダル噛んだ?という記者の質問に、「何の意味があるんですか? 歯が折れそうですよね」と答えたとのこと。羽生選手とは違い妙な気負いや高慢さが感じられないところが面白かったです。フィギュアスケート界のカリスマ(美容師みたいな)羽生選手なしで業界がうまく行くことを願ったりしそうです(笑)
by AnotherGreenWorld (2018-04-05 00:50) 

GreenGarnet

AnotherGreenWorldさん、こんにちは!
「歯が折れそう」に笑っちゃいました。宇野選手は常に自然体というか、いい意味で脱力している印象がありますね。気負いや高慢さが感じられないというのは、その通りだと思います。試合中も他の選手の演技を見ているそうですよ。
羽生選手不在の世界フィギュア男子シングルは爽やかで良かったです。
by GreenGarnet (2018-04-05 13:18) 

AnotherGreenWorld

こんにちは〜
へー、宇野選手は試合観戦しつつ参加ですか。集中するためにイアフォンで音楽聴きつつ出番を待つ選手が多い中、平常心(?)で競技に望めるって凄いなぁ。羽生選手とは逆ですね。彼は派手な目立つ行動が多い分だけ、反感買いそうな気がします。浅田選手の時代には2chやYahoo知恵袋なんかでアンチスレが多かったですが、羽生選手もアンチ多そうですよね(笑)
by AnotherGreenWorld (2018-04-07 15:45) 

GreenGarnet

AnotherGreenWorldさん、こんにちは!
宇野選手は、お若いのにどこか達観している感がありますよね。
浅田さんに関しては、ご本人以上にマヲタさんを嫌うアンチさんが多かったように思います。羽生選手の場合は、ご本人を嫌うアンチさんも多そうですね。以前、羽生選手のアンチスレを目にしたことがあるのですけれど、酷い言われようでしたよ。流れが速すぎてついていけず、直ぐに見るのをやめましたけど(笑)面白いことに「羽生選手のジャンプの回転不足は見逃され、浅田さんのは足りているのに刺されまくってきた」的な書き込みがあって、さすがに「真央のジャンプは刺さっても仕方ないだろう」との反論もありましたが、「アンチさんもヲタさんも極端という点では同類なんだな」と思いました。私の目には、羽生選手も浅田さんも、どちらかと言えば、見逃してもらえる側の選手に見えたもので。
by GreenGarnet (2018-04-07 22:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。