So-net無料ブログ作成

フジテレビドラマ「僕とスターの99日」と視聴率と韓流ブーム [その他]

12月25日に放送されたフジテレビドラマ「僕とスターの99日」最終話の平均視聴率は
10.9%、全10話での平均視聴率は9.34%でした。全日本フィギュア放送直後の最終回
にしてはイマイチの視聴率に、まあまあの10話平均視聴率というところでしょうか。

観終わっての感想は、キム・テヒ主演で全10話の連続テレビドラマにはやはり無理が
あったと思います。撮影前に、もっと日本語を勉強しておいて欲しかったですね。
主人の感想は、「最初は西島秀俊がいいと思ったけれど、結局、演技は佐々木蔵之
介が一番良くて、一番カッコ良いのは要潤で、キム・テヒは主演にしては影が薄い」で
した。そして、「既にエンディングが思い出せない」とも言っております。
もっとも、フジテレビにしてみれば、実験的なビジネスモデルだったでしょうから、取り
敢えず、まずまずの結果と見ているのかもしれませんが…

ところで、私は特定の俳優のファンになることはほとんどなくて、韓国ドラマを観る時は、
異文化として楽しむことにしています。しかしながら、最近は少々飽きてきました。
国民性が芸能に向いているのか、韓国俳優の演技力はなかなかのものだと思うので
すが、韓国ドラマのストーリー展開の緩慢さ・冗長さ、脚本・演出のいい加減さは苦手
です。また、食事シーンの映像には軽いカルチャーショックを受けることも少なくなくて、
生理的に視聴を打ち切りたくなり、早送りでスキップすることもあります。

そして、韓流に対する一定の支持があるのは事実だと思いますが、私の周りに限って
言うと、フジテレビの韓流キャンペーンに騙されることもなく、どちらかというと白けてい
る感じで、近年、「韓流ブーム」と言えるほどのものを身近に感じることはないです。
でもまあ、放送局が自社コンテンツを宣伝するのは当り前の現象とも言えますからね。

さて、久し振りに経験してみて、連続テレビドラマをリアルタイムで鑑賞するのは大変
で、私には向かない娯楽だと感じました。やっぱりレンタルのほうがいいです。

2012年3月4日追記:
『僕とスターの99日』が、3月に韓国のケーブルテレビで放送されることになったそうで
す。やはりフジテレビは、コンテンツの二次利用のために韓国市場を視野に入れてい
たようですね。

全日本フィギュアスケート選手権2011 [フィギュアスケート]

12月23日~26日に全日本フィギュアスケート選手権が開催され、男子シングルでは、
高橋大輔選手が優勝、小塚崇彦選手が銀メダル、羽生結弦選手が銅メダルを獲得。
また、女子シングルでは、浅田真央選手が優勝、鈴木明子選手が銀メダル、村上佳
菜子選手が銅メダルを獲得しました。遅ればせながら、おめでとうございます。

男子シングルは、上位3選手が他を圧倒しました。
高橋選手は、フリーではジャンプ・ミスで3度の転倒があり3位でしたが、4T-3Tも決め
た圧巻のSP1位から逃げ切りました。SPの演技は、本当に素晴らしかったですね。
小塚選手は、大きなミスはフリー後半の3Aだけで4Tも成功。GPSでは振り付けに振り
回されているような印象を受けましたが、かなり板についてきたように感じます。

羽生選手は、SPで4Tが3Tとなるミスが出て、スコアを伸ばすことができませんでした
が、コンビネーション・ジャンプのセカンドをきっちり2Tにするあたりは冷静ですね。
また、フリーでは最後の3Sが1Sになってしまったものの、素晴らしい演技でトップ。
悔しそうな様子が印象的で、まだまだ成長の可能性を感じさせてくれます。

一方、女子シングルは、競技としては物足りなさが残り、安藤美姫選手の不在を実感
します。正直なところ、気迫の感じられないトップ争いでした。
浅田選手は、ミスを最低限に抑えた演技で、手堅くまとめたという感じでしょうか。
鈴木選手は、メンタルの問題なのか、なかなかジャンプが揃わないですね。音楽表現
に対する自信が、かえってジャンプに対するスキに繋がっていないか気になります。

村上選手のSPは良かったですね。3F-3Tを3T-3Tにして大正解です。
村上選手の3T-3Tは、手放すには惜しいと思います。私的には、フリーにも組み込ん
で良いのではないかと思うのですけれどね。苦手なジャンプを試合で多く使わずとも、
他に持ち味もありますし、焦らずステップ・バイ・ステップでも良いように感じます。

また、よく挑戦という言葉を見聞きしますが、周りが「3A、3F-3T」と騒ぐのは控えたい
ものです。今後も、浅田選手には堂々と3Aを回避し、村上選手には堂々と3T-3Tを跳
んでもらいたいと思います。そして、十分に準備ができた時、3A、3F-3Tを試合で使え
ば良いと思います。フィギュアスケートはギャンブルではないですから。。。

その他、宇野昌磨選手、佐藤未生選手、鈴木春奈選手の演技が印象に残りました。

白いタオルの思わぬ効果 [日常]

我が家のキッチンのタオルの色は、数年前からずっと白です。
以前は色物や柄物を好んで使っていたのですが、ある時いつも利用している通販
サイトでお気に入りの色が品切れ、仕方なく無難なオフホワイトを注文しました。
そして、「怪我の功名」とでも言いましょうか、この白いタオルが、長年の私の悩み
を解決してくれました。

私の主人はけっこう料理好きで、気が向くと、いろいろ作ってくれます。
それはとてもあり難いことのなのですが、調理中手をよく洗わずにタオルを使うこと
があって、野菜の色素などでタオルが汚れるのです。毎日洗濯するとはいえ気に
なり、タオルを使う前にきれいに手の汚れを洗い流すよう何度か頼んでみたのです
が、本人は面倒臭がって、「ちゃんと洗っている」と言い張るので困っていました。

ところが、オフホワイトのタオルにしたら一目瞭然、ニンジンやパプリカの鮮やかな
色でタオルが染まりました。そして、それを見た主人は、何も言わずに念入りに手
を洗ってくれるようになりました。主人は視力が弱いため、色物のタオルの上につ
いた色素には気づかなかったようです。そういえば、洗面所の主人のタオルも白で
すが、こちらは昔からきれいに使ってくれていました。

それ以来、我が家のキッチンには、いつも真っ白なタオルが掛かっています。

フジテレビドラマ「僕とスターの99日」と視聴率と李大統領の訪日 [その他]

12月11日に放送されたフジテレビドラマ「僕とスターの99日」第8話の平均視聴率は、
前回の7.8%から上昇して9.1%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)だったそうです。
そして、18日の第9話は8.4%と下降。これらの数字をどう受け取るかは人それぞれだ
と思いますが、私的には、9.0%を超えたらまあまあだと感じています。
一方、TBSドラマ「南極大陸」第9話の視聴率も、前回の15.0%から16.7%と上昇。
また、18日の最終話は22.0%、全10話での平均視聴率は17.63%だったそうです。

実は、我が家は「僕とスターの99日」の第8話を観ませんでした。物語は凡庸で稚拙、
ネタ切れ感も否めず、俳優達の演技にも飽きてきたところに、他に観たい番組があっ
たので、そちらを優先しました。でも、第9話は観ました。「サボテンが航平になった」
と主人が喜んでおります。ただ、我が家的には、正直「この内容なら、2時間ドラマか、
前編・後編の2部構成(2時間×2話)くらいでも良かったね」と話しています。

ところで、先日、韓国の市民団体により、ソウルの日本大使館前に「慰安婦の碑」が
設置されましたが、韓国の李明博大統領が来日した際にも、野田首相との会談で、
日韓基本条約で既に決着済みのはずの慰安婦問題を持ち出したそうです。日本側
は碑の早期撤去を要請、韓国側は拒否しているとのこと。李大統領は、第2、第3の
少女像が建つ可能性をも示唆したとも聞きます。まるで嫌がらせか脅しですね。
どうも韓国では、求心力の衰えてくる政権末期になると、必ずと言ってもいいくらいに、
愛国心を示すために反日が利用されるようです。毎度のことながら、うんざりします。

しかし、いつもは上から目線の韓国大統領ですが、今回は幾分か控えめで、情に訴
える言葉が目立ったとのこと。結局、韓国の国内世論を意識しつつ、日本での韓流
にも配慮したという側面もあるようです。日本にしてみれば、「〇〇と韓流は使いよう」
でしょうか。でも、これで日本人の対韓国感情に配慮したと言うのですから、やはり
韓国は…です。もっとも、北朝鮮の金正日総書記の死去を受け、現在韓国軍も非常
警戒態勢にあるようで、しばらくは反日どころではないかもしれませんが…

さて、「僕とスターの99日」も、いよいよ次週は最終回です。気になる視聴率の行方は…
そういえば、最終回はクリスマスに放送なのですね。

iPad2とドコモのiPhone参入とマイ・ブログ [ブログ]

日経ビジネスによると、NTTドコモはスマートフォン「iPhone」とタブレット端末「iPad」の
次世代機を日本国内で販売することで、Appleと基本合意したとのことです。
ドコモは、まず来年夏に高速通信規格・LTEに対応したiPadを日本市場に投入し、秋ま
でにLTE対応のiPhoneを発売する見通しだそうです。

これが事実なら、ドコモを利用している我が家にとっては願ったり叶ったりなのですが、
当のドコモは「iPhoneおよびiPadの取り扱いについて、Apple社と具体的な交渉をして
いる事実も、基本合意したという事実もない」との公式コメントを発表したもよう。
一方、今回の報道に関してのAppleのコメントは、「ノーコメント」だそうです。
そして、朝日新聞は、ドコモのiPhone参入は、独自機能の搭載を譲れず、現実的には
難しいとしています。

う~ん。本当のところはどうなのだろう。主人は、「交渉はしているさ」と言いますが…

ところで、先日、iPad2を購入しました。
まだインターネットくらいにしか使っていないのですが、なかなかコンパクトで持ち運び
も楽、寝転がりながら遊ぶのにも丁度良さそうですね。必要な時すぐにキーボードが
スーッと画面に現れることに、妙に感動してしまいました。

ただ、ちょっとショックなことが…
ブログで記事を書き始めてしばらく経った頃、記事の右側のラインがデコボコなことが
少々気になりまして、できるだけ揃えるように気を配っていたのですが、自分のブログ
をiPad2で見てみたところ、ぎょっとするくらいにデコボコではありませんか。
主人が、よく「OSやアプリケーションや設定によっても見え方が違うから、そんなことに
気を遣っても無駄だよ」と言って笑っていたことの意味を悟りました。
でも、無駄だと分かっていても、デコボコを見ると、つい直したくなる私です。

将来的には我が家もiPhoneにする予定なので、とにかく今から少しずつiOS/MacOSX
に慣れておこうと思っています。

亀田祭り2011 [ボクシング]

今更ですが、12月7日、兄弟ダブル世界タイトルマッチと銘打った「亀田祭り2011」が
行われました。興毅選手は同級12位のマリオ・マシアス選手から3度のダウンを奪い、
4回KO勝利で3度目のWBA世界バンタム級王座防衛に成功しました。一方、WBA世
界Sフライ級王者・テーパリット・ゴーキャットジム選手に挑戦した大毅選手は0-3の判
定で敗れ、王座獲得とはならず、2階級制覇も実現しませんでした。また、和毅選手
はエドゥアルド・ガルシア選手とノンタイトル戦を行い、7回KO勝利を収めました。

実は、興毅選手の試合はほどほどに観たのですが、和毅選手の試合でうとうとしてし
まい、気がついたら大毅選手の試合が始まっていました。でも、その大毅選手の試合
でも、また眠くなって再びうたた寝してしまったので、中盤は観ていないのです。
観ていた主人が「チャンピオンとは格の違いを感じた」と言っていました。

興毅選手は、勝つべき相手に序盤のKOで勝ち、取り敢えずプロとして最低限の仕事
はしたという感じでしょうか。ただ、退屈な試合もありますが、基本的に彼のボクシング
スタイルは嫌いではないです。頻繁に話題に上る指名試合はどうなるのでしょうね。
大毅選手については、最初と最後しか観ていなかったですし、試合中に対戦相手を投
げ飛ばした瞬間からボクシングの選手だとは思っていないので、特に感想はないので
すが、強いて言うならば、タイトル挑戦は時期尚早だったのではないかと思います。

ところで、私としては、清水智信選手の今後のほうが気になります。WBA側は、清水
選手が休養王者とされたことについて、「興行のための措置」と説明しているそうです。
清水選手はテーパリット選手と統一戦を行う可能性が高いですが、もし引き分けた場
合の扱いはどうなるのでしょう。正規王者と休養王者は同等…ややこしいですね。

それにしても、亀田兄弟に限らず、「日本の(一部の)選手は恵まれているなぁ。。。」
と思います。経済大国ニッポン。。。今から〇十年前のアメリカ留学時の話ではありま
すが、東南アジアのある国から移住して来たクラスメイトの「日本人に生まれただけで
も、あなたはラッキー。うらやましいよ」という言葉を、今でも時々想い出します。
そして、とかく亀田陣営ばかりが批判されますが、うまく陰に隠れて目立たないものの、
他でも似たようなことが行われているようにも思われます。やはり興行ですからね。。。

余談ですが、長谷川穂積選手がスパーリング中にろっ骨を骨折して全治1ヶ月と診断
され、本日12月17日に予定されていた再起戦が中止になったそうです。

2012年2月4日追記:
亀田興毅選手と暫定王者・ウーゴ・ルイス選手の指名試合の交渉が決裂したそうです。
よって興毅選手の次の防衛戦は選択試合となり、ルイス選手との指名試合は年内を
めどに行うとのことです。

2012年2月15日追記:
清水選手とテーパリット選手の王座統一戦が、4月4日、亀田興毅選手の4度目の防衛
戦と一緒に、横浜アリーナで行われることが決まったそうです。清水選手の心中は複雑
でしょうけれど、とりあえず統一戦が実現することになって良かったです。

2012年4月4日追記:
サンスポによると、清水選手とテーパリット選手の王座統一戦で引き分けた場合、両者
の再戦を義務づけることをWBAが発表したそうです。

タグ:ボクシング

ISU GPファイナル2011 [フィギュアスケート]

カナダでISU GPファイナルが開催され、男子シングルで高橋大輔選手がSP5位からフリー
で見事な追い上げを見せて、銀メダルを獲得しました。また、女子シングルでも鈴木明子
選手がSP2位、フリー3位で総合2位、銀メダルを獲得しました。おめでとうございます。
出場を予定していた浅田真央選手は欠場となり、女子シングルは5選手で行われました。

男子シングルの優勝はパトリック・チャン選手、銅メダルはハビエル・フェルナンデス選手、
羽生結弦選手は惜しくも4位、ジェレミー・アボット選手が5位、ミハル・ブレジナ選手は6位。
ベテランと若手、持ち味の異なる選手達が切磋琢磨し合って、今季の男子トップクラスの
戦いはハイレベルでとても面白いです。また、絶対王者としての地位を確立したかのよう
なチャン選手を崩すのは誰なのか、それともしばらくは誰も崩せないのか、わくわくします。
なお、時折物議を醸すチャン選手のスコアですが、個人的に、彼だけが不自然に高いよう
には感じないです。

17歳の羽生選手は、今が伸び盛りですね。試合の度に成長を感じます。
ロシア大会では0.03点差で抑えたフェルナンデス選手に、逆にファイナルでは1.73点差で
かわされましたが、フリーでは4Tも決めましたし、ファイナル初出場で4位は立派な成績だ
と思います。ちなみに、私は羽生選手の躊躇の感じられないジャンプの入りが好きです。
それにしても、フェルナンデス選手は3つのクワドが全て成功。驚異的な成功率ですね。

女子シングルの優勝はカロリーナ・コストナー選手、銅メダルはアリョーナ・レオノワ選手、
エリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手が4位、アリッサ・シズニー選手は5位。コストナー選手
は、SP、フリーともに1位の完全優勝でした。ただ、今季の女子シングルは、競技としての
緊張感や期待感に欠け、個人的に物足りなさを覚えます。

トゥクタミシェワ選手は、初めてのGPファイナルで最終滑走の緊張からなのか、SPで2つの
ジャンプミスが出てしまい、最下位でフリーに臨むこととなりました。でも、フリーではトップ
のTESで2位。調子の良し悪しに関わらず、3Lz-3Tをしっかり決めるあたりはさすがです。
シリーズ通して、シニア初参戦とは思えぬ堂々とした戦いぶりを見せてくれた14歳でした。

シズニー選手は大会直前に左足首を怪我していたそうで、ジャンプが安定せず、精彩を欠
きました。競技者が4人になってしまうので、棄権できなかったのかもしれないですね。
ジャンプに匹敵するアグレッシヴで美しい高速スピンを持つシズニー選手。スケーティング
や所作だけでなく、キス&クライでの立ち居振る舞いまでもが気品に溢れ、優雅で素敵で
す。フランス大会以降はプログラムから外していますが、当初から3Lz-3Tと3Sは無理しな
いで欲しいと思っていました。もともとジャンパーではないですから、繋ぎを犠牲にしてまで
拘らなくても良いのではないかと思います。今は怪我が大事に至らぬことを願っています。

ところで、ジュニアGPファイナル女子シングルで、ロシアが表彰台を独占しました。
ソトニコワ選手、トゥクタミシェワ選手だけではないのですよね。恐るべし、ロシア。

フジテレビドラマ「僕とスターの99日」と視聴率とキム・テヒの日本語 [その他]

12月4日に放送されたフジテレビドラマ「僕とスターの99日」第7話の平均視聴率は
7.8%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)だったそうです。ワールドカップバレーの影響
で21:10-22:04の放送でしたが、前回の9.6%から大幅に下落してしまいました。
一方、TBSドラマ「南極大陸」第8話のほうは15.0%と前回の13.4%から上昇しました。

我が家は夫婦揃ってキムタクが苦手で、この時間帯はバレーボールを観た後「僕と
スターの99日」を観るパターンだったのですが、野暮用で第7話は見逃してしまいま
した。結局、どうしても観たいドラマというわけではないのですよね。録画して観るほ
どでもないし。。。それにしても、9.0%を切ると、ちょっと下がったなという感じです。

キム・テヒも日本語の演技を頑張ってはいますが、やはり付け焼き刃的な日本語が
心もとなくて、少々その演技にも飽きてきました。このレベルの日本語では、バラエ
ティ番組ならともかく、日本で連続ドラマの主役を務めるのは難しいのではないかと
思われます。出番が少ないからかもしれませんが、テソン役のテギョンのほうが違
和感が少ないです。シナリオのつたなさも、主演女優の語学力に制約を受けたこと
が原因の一つにもなっているような印象を受けます。

ところで、日本テレビのドラマ「家政婦のミタ」の視聴率がずば抜けて良いと聞いて、
試しに第9話を観てみました。過去放送分を全く観ていないからかもしれないですが、
正直、期待ハズレでした。裏で競合する番組が少ないのか、第8話の視聴率が29.6
%、第9話も27.6%ととても高いのですが、私的には不思議な数字です。主人も信じら
れないようで、念のため来週も観てみようということになりました。

さて、今週末はフィギュアスケートの放送があるので、「僕とスターの99日」第8話を
観られるかどうかは分からないのですが、視聴率の行方は気になります。
韓国の反日に対して、日本にも嫌韓がありますし、韓流に対して反韓流があるのも
事実だと思います。実際、私の周りに限って言うと、フジテレビより韓国に対する不
快感のほうが強いようです。以前イ・ビョンホンのファンだった友人は、竹島問題を機
に韓流に冷めてしまい、韓国への家族旅行もキャンセルしてしまいました。
なかなか視聴率が伸びないのは、嫌韓感情も多少は影響しているのでしょうね。

井岡一翔選手の防衛戦とヘリ・アモル戦 [ボクシング]

WBC世界ミニマム級王者・井岡一翔選手が、大晦日に2度目の防衛戦を行うそう
です。挑戦者は同級9位のヨードグン・トーチャルンチャイ。TBSはゴールデンタイム
での放送を決定しているとのこと。

さて、本来の階級であるライトフライ級からミニマム級に下げたからなのか、本人の
努力のたまものなのか、はたまたサラス・トレーナーの力なのか、それとも他に何
か思いがけない要因でもあるのか、今年行われた世界戦2試合では、以前の試合
と比べて、井岡選手に大きな成長が感じられました。
次の防衛戦も12月31日大晦日のゴールデンタイムで放送予定だとのことですから、
その期待の大きさがうかがわれます。

ところで、たまたま目にした井岡選手vs.ヘリ・アモル選手の映像には笑いました。
井岡選手からダウンを奪い、試合中に謝るアモル選手。一体どういうことだろう。。。
想定外の井岡選手のダウンで、アモル選手も焦って気が動転したのでしょうか。
それとも、インドネシアの選手は皆さんこうなのかな……挨拶、習慣、まさかね。
試合後なら分からないでもないけれど、試合中に謝罪はあり得ないような気が…
事実がどうであれ、残念ながら、私には真剣勝負には見えませんでした。

とにかく、井岡選手には、早くご本人の思うところの適正階級で試合をする日が来
るのを楽しみにしています。その前に、WBA世界ミニマム級王者・八重樫東選手と
の統一戦の話も出ているようではありますが…

それはそうと、12月7日は、亀田三兄弟による「亀田祭り2011」ですね。
興毅選手はWBA世界バンタム級、そして大毅選手も物議を醸したWBA世界Sフライ
級タイトルマッチを行う予定。タイトルマッチに相応しい試合を期待します。

タグ:ボクシング

ANNICK GOUTAL(アニック グタール)の香水(2)《スソワール ウジャメ》 [香水]

今までにいくつかのブランドの香水を試したことがあるのですが、最終的に使
い続けているのはANNICK GOUTAL(アニック グタール)の香水だけになって
しまいました。香りに関して、私はかなりピッキー(picky)なようです。

最も気に入って日常使いしているのは柑橘系の『オード アドリアン』なのです
が、二番目に気に入っているのがフローラル系の『スソワール ウジャメ』です。
ちょっとおしゃれしてお出かけの時は、こちらを使いたくなります。

『オード アドリアン』が爽やかな印象なのに比べると、『スソワール ウジャメ』
はやや甘さが目立ちます。でも、キツイ香りではなくて、うっとりするような柔ら
かく上品な甘さで、主人によると「蜂蜜のような香り」だそうです。

ただ、少々暑苦しく感じることがあるので、真夏にはあまり使わなくなります。
個人的に、夏よりは冬、そして昼よりは夜に似合う香水だと思います。

P1001199.JPG

タグ:香水

GuyLian(ギリアン)のチョコレート [お菓子]

最近、ちょっと気に入っているチョコレートがあります。
貝殻やタツノオトシゴの形をした一粒チョコレートで有名なベルギーのブランド、
ギリアン(GuyLian)の『ギリアンテンプテーションズ<オリジナルプラリネ>』
です。主人が、会社帰りによく立ち寄るお菓子屋さんで見つけてきました。

ところで、ギリアンは、2008年にロッテグループの傘下に入ったとのこと。
そして、『ギリアンテンプテーションズ<オリジナルプラリネ>』は、そのギリア
ンブランドを象徴するタツノオトシゴをモチーフとした一粒チョコを、日本独自の
パッケージにしたものだそうです。

ローストされたヘーゼルナッツを使用した風味豊かなプラリネを、苦味を抑えた
マーブル模様のチョコレートで包んだ見た目もきれいな一粒チョコ。チョコレート
とヘーゼルナッツプラリネのハーモニーが絶妙です。さすがベルギー。
一粒ずつ丁寧に個包装してあるところも気に入っています。

P1001175.JPG