So-net無料ブログ作成

凍らせたペットボトルで熱帯夜対策 [教養・生活の知恵]

東京は毎晩熱帯夜で、エアコンの設定温度を上げると寝苦しくて大変です。
節電のために、昨夏から凍らせたペットボトルで涼を取るようになりました。
昨年は初めての経験でもあり、普通のタオルに包んでステンレスのボールに入れ
たりしていて、今思うと快適と言えるほどの使い方ではなかったのですが、今年は
なかなか板についてきました。

タオルは薄手のガーゼ。肌触りが抜群です。
そして、ボールのかわりにザリーンのバスケット(オーバルバスケットS・ベージュ)
を使っています。500mlのペットボトルを入れるのにちょうどいい大きさで、隙間から
は冷気が漏れてくるので、しばらく首に当てて涼んだ後、このバスケットに入れて
枕元に置いて寝ると、周りの空気がヒンヤリして気持ちがいいです。

我が家の冷凍庫にはペットボトルが5~6本入っていて、暑いなと思ったら何時でも
使用できるようになっています。
エアコンの設定温度を高めにしても、ぐっすり眠れます。
そして、水滴でベッドが濡れる心配もありません。

P1001513.JPGP1001512.JPG

タグ:暑さ対策
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

竹島問題を国際司法裁判所へ提訴の方針 [ニュース・話題]

日本政府は21日、竹島の領土問題を国際司法裁判所に提訴することを決定したそうです。
日韓両国による共同付託を韓国に提案し、韓国が応じない場合は、日本単独での提訴に
踏み切る方針とのこと。
一方、韓国政府は23日、野田佳彦首相が李明博大統領宛てに送った親書を返送すると発
表し、在日韓国大使館の参事官が日本外務省を訪れましたが、同省が構内への立ち入り
を拒否したため、親書を郵便で返送してきたらしいです。

日本政府も、やっと重い腰を上げてくれたという感じですね。
一部の韓国国民による愚行ならまだしも、今回は李明博大統領自ら竹島に足を踏み入れ
るという前代未聞の仰天行動。おまけに失礼極まりない天皇陛下への謝罪要求発言。
いくら国内向けのパフォーマンスとはいえ、日本をなめているとしか思えないです。
韓国は日本の求めには応じない方針のようですが、日本も黙っていては韓国による竹島の
不法占拠を半ば認めているような印象にもなりかねないですし、韓国のみならず国際社会
に向けて、しっかり自己主張はするべきだと思います。

日本側は、さらなる対抗措置として、日韓の首脳会談や政府間協議の延期を検討している
とのこと。また、日韓通貨スワップ協定の融資枠を縮小する可能性なども浮上しているそう
です。そういえば、昨年130億㌦から700億㌦に増額されたスワップ協定は10月で期限です
が、まさか延長なんてことはないですよね。韓国にも物事の道理を教えてあげましょう。。。
ただ、日韓はともに経済や安全保障の面でお互い欠かせない存在になっており、決定的な
関係悪化は現実的ではないとの見方もあるようです。

中国とは尖閣諸島の領土問題が微妙ですし、つくづく、韓国や中国とは絡まずに日本国が
存在し得る道はないものかと溜息が出てしまいます。

2012年8月30日追記:
韓国政府は30日、日本政府が提案した国際司法裁判所への共同提訴を正式に拒否してき
たそうです。日本政府は単独提訴に向けて準備を進める方針とのこと。
予定通りの反応ですが、さすがに韓国も筋を通せば負けることを理解しているのですね。
日本政府には、ぜひ単独提訴を実現して欲しいと思います。

2012年9月4日追記:
韓国軍が7日に予定されていた海兵隊の竹島上陸訓練を中止したそうです。
ただ、相変わらず韓国による不法占拠は続いていますから、訓練の内容を変更したところで
今更という感じです。いい加減に在日韓国人・朝鮮人の通り名も廃止してもらいたいですね。

2012年10月9日追記:
日韓スワップ協定の拡充措置を延長せず、打ち切ることで韓国と合意したようです。
その結果、スワップ協定の規模は11月以降、700億㌦から130億㌦に縮小します。

タグ:竹島問題
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フィギュアスケート ジャパン・オープン2012(出場選手) [フィギュアスケート]

2012年10月6日開催予定のフィギュアスケートのジャパン・オープン(Japan Open)の出場
選手が出揃ったようです。

日本からは、高橋大輔選手、小塚崇彦選手、鈴木明子選手、浅田真央選手。
北米からは、パトリック・チャン選手、ジェフリー・バトル選手、アシュリー・ワグナー選手、
アグネス・ザワツキー選手。
そして欧州からは、エフゲニー・プルシェンコ選手、ミハル・ブレジナ選手、アリョーナ・レオ
ノワ選手、エレーナ・ゲデヴァニシヴィリ選手の出場が予定されています。

日本女子の最後の一人がなかなか決まらなかったようですが、浅田選手に決定しました。
2012-13シーズンはソチ五輪の行方を占う上でも大事なシーズンです。
ジャパン・オープンは新しいプログラムのお披露目の場的なところもありますから、選手達
がどんな演技を見せてくれるか楽しみですね。

なお、ジャパン・オープンに先立ち10月5日には、五輪、世界選手権などの国際主要大会
メダリスト達によるメダル・ウィナーズ・オープン2012が開催されます。この大会はボーカル
入り楽曲も使用可で、アイスショーの競技版のようなものだそうです。
ただ、個人的にボーカル入り楽曲は好みに合わないことが多い上に、とりわけジャンプに
シングル競技ならではの魅力を強く感じ、どちらかというとアイスショーよりも緊張感のある
アマチュアの試合を好む私としては、正直なところあまり強い関心は起こらないです。

2012年10月7日追記:
日本チームが見事2年ぶり5度目の優勝を飾りました。2位は北米、3位は欧州でした。
出場した日本人4選手ともに、シーズン序盤にしてはなかなか良い演技だったと思います。
浅田選手は3Aをプログラムから外すと、演技全体の安定感がかなり増します。
昨シーズンも、前半はそうだったような。。。
3A抜きの大会で浅田選手の晴れやかな笑顔を見るにつけ、彼女のアキレス腱は、本人以
上に3Aを熱望しているようにも感じられる熱狂的なファンなのではないかと思えてなりません。
また、時を同じくして行われたフィンランディア杯2012では、羽生結弦選手が優勝しました。
なんとフリーでは、4Tと4Sを決めました。素晴らしい。。。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

作新学院野球部員の逮捕と連帯責任 [スポーツ]

甲子園球場で開催中の第94回全国高校野球選手権大会に出場している作新学院の野球
部員が今月10日、宇都宮市で16歳の少女にけがを負わせたうえ現金を奪ったとして強盗
などの疑いで逮捕されたそうです。生徒は今回の大会の登録メンバーではなく、容疑を否
認しているとのこと。

作新学院は、19日の第1試合で宮城代表の仙台育英高校と対戦することになっています。
同校は、「一生懸命やっている部員の気持ちと県民の期待を考えると辞退はしのびない」
として、辞退はしない方針を示したそうです。また、日本高校野球連盟も、「部活動が行わ
れる以外の場所で個人が起こした事件で、出場を差し止める考えはない」とし、今後の大
会出場を認める方針のようです。

このような場合、以前はもっと厳しく、「連帯責任で辞退」というのが普通だったように記憶
していますが、時代は変わったように感じます。もちろん好ましい方向へ。。。
今でも連帯責任派は少なくないようですが、連帯責任という発想自体、個人的にはあまり
馴染まないです。個人の責任でいいと思います。もしどうしても他にも責任を求めたいので
あれば、しいて言うなら、むしろ加害生徒の保護者ではないでしょうか。
しかし、そもそもまだ事件の事実関係がはっきりしていないので、何とも言えませんね。

選手達の心中は複雑でしょうが、作新学院対仙台育英は好カードとも目されているようです
し、集中力を切らさずに良い試合をして欲しいと思います。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。