So-net無料ブログ作成

四大陸フィギュア2013 [フィギュアスケート]

大阪でフィギュアスケートの四大陸選手権大会が開催され、男子シングルで羽生結弦選手が
2位、そして女子シングルでは浅田真央選手が優勝、鈴木明子選手が2位、村上佳菜子選手
が3位となり、日本が表彰台を独占しました。
また、SPを変更して大会に臨んだ高橋大輔選手は精彩を欠いてまさかの7位、無良崇人選手
もスコアを伸ばすことができず8位という結果になりました。

男子シングルは若いクワド・ジャンパーの勢いを感じる大会でした。日本も気を抜けませんね。
優勝はFSで3クワドを決めたケヴィン・レイノルズ選手。高難度構成ながら今までなかなか得
点に結びつかなかったのですが、とうとうシニアの国際大会で初優勝です。
2位の羽生選手はSP、FSともに大きなミスがありましたが、SPの魅力は健在、以前はややも
すれば味気なさを覚えたFSのプログラム全体の印象も、むしろ良くなったように感じます。
そしてシニアの初舞台で3位に入ったのは、昨季世界ジュニア・チャンピオンのハン・ヤン選手。
パトリック・チャン選手を彷彿させるとも言われるスケーティングに見事なジャンプ、大舞台での
度胸満点の演技に大物感が漂います。今後、必ずや羽生選手のライバルになりそうですね。
そして、全米チャンピオンとして大会に出場し4位となったマックス・アーロン選手のスピード感
溢れるパワフルな演技が妙にツボに嵌ってしまい、FSを中心に(時々SPも)リピート中です。

一方キム・ヨナ選手とアシュリー・ワグナー選手が不在の女子は、予定通り浅田選手が優勝。
今回もチート技術満載でしたが、SPでは微妙な3Aが久々に認定されて本人も満足そうでした。
ただ、FSの3Aは誤魔化しようのないツーフットでUR、3-3、2-3もUR。全体的にスピードもなく
雑な演技で、本人の納得が一番かとは思いますが、あまり欲を出して足をすくわれぬよう。。。
2位の鈴木選手の演技は若い選手が多い今大会では別格な感があり、女子の最終滑走者と
して競技をを引き締めてくれました。一時期の不調を脱したようで良かったと思います。
村上選手はFSで3つURを取られ、2Aが抜けてしまいましたが、SPは念願のノーミスでしたね。
ところで、我が家では5位のジジュン・リー選手と6位のグレイシー・ゴールド選手が人気です。
ゴールド選手は女優のような美しさ、ジジュン選手は演技も容姿も可憐で上品、まさに「氷上
の妖精」のようです。あと、クエイシン・ジャン選手はとても綺麗なジャンプを跳びますね。

さて、日本の男子も女子もうかうかしていられないなというのが正直な感想です。
クワド合戦の様相を呈してきた今、磐石だと思われていた男子も油断は禁物だということを痛
感しましたし、ジャンプで回転不足を取られがちな高橋選手の今後も気になります。
女子も表彰台を独占はしたものの、今大会に出場していない強力なトップ選手も複数名います。
また、勢いのある若手の成長は目覚しいもので、今回は勝てても1ヵ月後に必ずしも勝てる保
障はないですからね。とにかく、カナダ開催の世界選手権を楽しみに待ちたいと思います。

nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感