So-net無料ブログ作成

安藤美姫選手の復帰戦(ネーベルホルン杯2013) [フィギュアスケート]

9月25日~28日にドイツのオーベルストドルフで開催されたネーベルホルン杯の女子シングルで、
安藤美姫選手が2位という結果となりました。優勝はロシアのエレーナ・ラディオノワ選手、3位は
アメリカのアシュリー・ケイン選手でした。男子シングルでは織田信成選手が優勝しました。
また、アイスダンスのキャシー&クリス・リード組は7位となり、五輪出場枠を獲得しましたが、ペア
の高橋成美&木原龍一組は11位という結果となり、残念ながら出場枠獲得とはなりませんでした。
ただ、ミニマムスコアをクリアしているので、団体戦に出場できる可能性は見聞きします。

安藤選手は、4月の出産からの短い準備期間を考えると、ミニマムスコアもクリア出来ましたし、
復帰戦としてはまずまずの出来ではないでしょうか。「さすがジャンパーは強いな」と思いました。
本大会ではスピン、ステップはまだまだ、ジャンプも本来の調子が戻ったとは言い難い状態で体
力不足も感じられましたが、日々の練習の中で徐々に体力もついてくるでしょうし、今後どこまで
戻せるか楽しみです。全日本には必ずや出場することになるでしょうから、今からわくわくします。
そういえば、安藤選手の元に招待状が届いたのは大会の10日前頃だったそうですね。

優勝したラディオノワ選手は、個人的に今最も好きな選手の一人です。
14歳にしてはジャンプ、スピン、ステップとかなりの粒ぞろい、加えて趣のある所作と可憐な笑顔
に魅了され、映像をリピート中です。恵まれた容姿もさることながら、とにかく演技に何とも言えぬ
魅力があり、目が釘付けになります。将来がとても楽しみ。ロシアの若手女子の勢いはまだまだ
止まりそうにないですね。

ところで、キム・ヨナ選手が怪我でグランプリ・シリーズを欠場することになったようです。キム選手
の参戦を楽しみにしていた私としては残念ではありますが、五輪での演技を楽しみにしています。
今季は特に大事なシーズンになりますので、今後選手の皆さんには大きな怪我が無いことを願っ
ています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。