So-net無料ブログ作成

ISU GPS スケート・カナダ 2013(カナダ大会) [フィギュアスケート]

ISU GPS の第2戦スケート・カナダが開催され、男子の羽生結弦選手が2位、織田信成選手が
3位、そして女子の鈴木明子選手が2位という結果になりました。

男子の優勝はパトリック・チャン選手で、2位の羽生選手に30ポイント近い差をつける圧勝でした。
フリーでは4T-3Tと4Tを見事に決め、定評のあるスケーティングに加え、表現力もかなり向上し
ているように感じました。今季のフリーはとても気に入っています。
今大会での羽生選手は、目の前のチャン選手とその場にはいない町田樹選手を意識してしまっ
たのか、どこか自分の演技に集中できていないようにも見受けられ、ミスが目立ち、フリーでは
後半の大事なところで失速してしまい、多くの課題を残す結果となりました。ただ、それでも2位
に入るところが、色々な意味で彼の強さなのかなとも思います。気負わず、マイペースで。。。
織田選手については、ミスもありましたが、SP、フリーともにプログラム全体の印象は悪くなか
ったと思います。ただ、演技後の羽生選手との様子の違いに、主人は「力残しすぎだろう。わざ
わざ息を切らす必要はないけれど、もっとできるんじゃないか」と期待も込めて申しておりました。

一方、女子の優勝はユリア・リプニツカヤ選手。SPもフリーも素晴らしい演技でした。プログラム
も素敵ですし、3-3も跳べる上に驚異的な柔軟性を持ち、しっかり技術点を稼ぐことのできるミス
の少ない選手なので、今後PCSも上がってくれば、トップ選手達を脅かす存在になりそうです。
そして、鈴木選手の滑りと表現力は、今大会の女子出場選手達の中では別格でしたね。この
年齢まで現役で活躍できるのは凄いことです。技術がしっかりしていることと日々の鍛錬の賜
物だろうと感心させられます。悔いなく競技生活を終えることができるといいですね。
グレイシー・ゴールド選手はSP1位から順位を落として3位という結果になりましたが、ジャンプ
もスピンもいいですし、何と言っても華がありますから、怪我に気をつけて頑張って欲しいです。

さて、町田選手の存在が日本の他の男子選手達に与えるプレッシャーの大きさを感じさせられ
る初戦に続く第2戦でした。また、個人的には、浅田真央さんが出場していないため観戦する
気になった主人と水入らずで楽しめた大会でした。鈴木選手をお気に入りの主人が鈴木選手と
浅田さんがぶつかるNHK杯の観戦をどうするつもりなのか、今からちょっと気になっています。
そして、若手中心に女子選手の3Lz-3Tを観る機会も増えてきましたが、それぞれの素晴らしさ
を認めた上で、やはりキム・ヨナ選手の3Lz-3Tは最高だと改めて思いました。

最後になりますが、ジェレミー・アボット選手のフリー「エクソジェネシス」を再び観ることができて
嬉しく思っています。音楽表現という意味では最高の選手の一人だと思うのですが、なかなか
ジャンプが決まらない。。。スポーツの非情さを感じるものの、かと言って現在特定の選手には
適用されているかのようにも見える「PCSで救済」的な措置も興醒めです。時折見聞きすること
ではありますが、ジャンプの比重を軽くしたダンス(シングル)のような種目を作ってみてはどう
かと思ったりもします。(でも、やはりスポーツとしては邪道かな。。。)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スケート・カナダを観ながらミステリーハウス [フィギュアスケート]

フィギュアスケートのオリンピック・シーズンも始まり、今週末はスケート・カナダ2013が開催中。
日本からは織田信成選手、羽生結弦選手、無良崇人選手、鈴木明子選手が出場しています。

今日は男女SPの放送があったのですが、最近諸々の事情もあり、フィギュア熱も冷め始めて
きたところに、ここのところYahoo!モバゲー『ミステリーハウス』に嵌ってしまい、一週間ほど前
に開けたばかりの地下室を探索しながらの視聴となりました。(まだ悟りレベルが低いので、
うっかりしているとすぐ満タンになってしまいます。)

さて、SPの結果はと言うと、男子の織田選手がトップのパトリック・チャン選手と約7ポイント差
で2位、羽生選手が約8ポイント差で3位、無良選手が5位となっています。
一方、女子のほうは、鈴木選手がトップのグレイシー・ゴールド選手と約4ポイント、2位のユリ
ア・リプニツカヤ選手とは約1ポイント差で3位となっています。

織田選手はSPでは4Tで転倒してしまいましたが、概ね加点のもらえるジャンプは健在だとお
見受けしました。今季のプログラムも個性に合っていて、個人的にかなり気に入っています。
羽生選手はコンビネーションのルッツが抜けてしまったのが痛かったですね。本人もとても悔し
そうでした。昨シーズン頃から、羽生選手を観ていると、何故か競技生活を長くは続けないよう
な気がしてしまうことがあります。あくまでも私の個人的な印象ですが…

ゴールド選手は演技も素晴らしかったですが、ますます華やかさと美しさが増したのでは…
そして、リプニツカヤ選手の今季プログラムはSPもフリーも大好きです。15歳にしてこの表現力、
さすがロシアっ子だなと思いました。ちなみに、私のお気に入りロシア女子ベスト3は、エリザヴ
ェータ・トゥクタミシェワ選手、エレーナ・ラディオノワ選手、そしてリプニツカヤ選手です。

日本は男女とも逆転可能な位置にいると思うので、フリーもがんばってください。
それにしても、ジムの「発掘前の鋼鉄」が出ない。。。もう30回は探索していると思うのだけれど…

2013年10月28日追記:
スケート・カナダのフリー演技も終わり、男子の優勝はパトリック・チャン選手、2位は羽生選手、
3位は織田選手、女子の優勝はリプニツカヤ選手、2位は鈴木選手、3位はゴールド選手という
結果となりました。浅田真央さんのいない大会は清清しくていいですね。主人と二人で選手達
の演技と勝負の行方を存分に楽しませてもらいました。
羽生選手は、チャン選手を意識しすぎたのか、町田樹選手の快進撃がプレッシャーになったの
か、SP、フリーともに精彩を欠きましたが、崩れながらも2位に入ったのは流石です。
女子のリプニツカヤ選手と鈴木選手のフリー演技には、眼が離せないくらい惹き込まれました。
鈴木選手の表現力は言わずもがなですが、リプニツカヤ選手の音楽解釈と表現力にも驚かさ
れました。特にリプニツカヤ選手の今季フリーは、個人的に大好きなプログラムです。お二方と
も、ソチ出場が叶うといいと心から思います。
そして、ジェレミー・アボット選手のフリー「エクソジェネシス」は、ジャンプ無しでもいいと思うくら
いに私の大好きなプログラムで、密かに持ち越して欲しいと思っていました。大感激です。
また、チャン選手の音楽表現が見違えるように良くなったことに感動しました。
ミステリーハウスのほうは、「発掘前の鋼鉄」も無事見つかり、今はプールで「水流」探しです。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ISU GPS スケート・アメリカ 2013(アメリカ大会) [フィギュアスケート]

2013-2014シーズンのISU GPシリーズ初戦スケート・アメリカ(Skate America)が開催され、男子
シングルで町田樹選手が優勝、高橋大輔選手が4位、小塚崇彦選手が6位という結果になりました。
また、女子シングルでは予定通り浅田真央さんが優勝、アイスダンスではキャシー・リード&クリス・
リード組が5位となりました。

町田選手は2位のアダム・リッポン選手に約24ポイント、3位のマックス・アーロン選手に約27ポイン
トの差をつける圧勝でした。ジャンプに安定感があり、SPもFSも素晴らしい演技でしたね。町田選
手の大躍進で、ますます男子五輪代表争いの行方が分からなくなってきました。全日本が楽しみ。
高橋選手と小塚選手はジャンプのミスが目立ちましたが、これから精度を上げていけるといいので
すけれど…ただ、小塚選手の今季プログラムは本人の良さが出ていて結構好きです。でも、高橋
選手のプログラムは今ひとつピンとこなくて、個人的に選曲ミスではないかと思ってしまいます。

一方、女子シングルの2位はアシュリー・ワグナー選手、3位はエレーナ・ラディオノワ選手でした。
ワグナー選手はシーズン序盤から3-3を組み込んできましたね。個人的に好きなタイプの選手では
ないのですが、全米女王としての貫禄十分な存在感ある演技には感心させられます。
ラディオノワ選手は今かなりお気に入りの選手です。演技中の笑顔が何とも愛くるしくて14歳という
年齢のわりに所作もきれい、ジャンプ、スピン、ステップと全て揃っていて演技に惹き込まれます。
FSの冒頭で失敗した3-3の中盤でのリカバリも素晴らしかったですね。

さて、優勝した浅田さんですが、3Aのツーフットにはますます磨きがかかり、この人にとってはツー
フットも成功ジャンプの範疇なのだなと思いました。本来フィギュアスケートのジャンプは片足で着氷
するものなのですけれど、最初からやる気満々のツーフットですものね。跳べないジャンプをあたか
も跳べたかのように見せかけ、認定と転倒防止のみならずジャッジによる(うっかり)見逃しの一石
三鳥を狙うかのような狡猾で姑息な技術には、ただただ呆れるばかりです。やはり浅田さんはアス
リートではなく、フィギュアスケートをお仕事にしているタレントですね。この摩訶不思議な技術は引
退後のアイスショーででも存分に披露することにして、これ以上競技会での使用は控えていただき
たいものです。そして、取ってつけたように振付をこなすだけにも見える情緒の感じられない雑な演
技。個人的に、キム・ヨナ選手が本物のフィギュアスケートの演技を若い世代の選手達にお手本と
して示してくれたことに安堵感を覚えずにはいられません。アスリートとして志の低いタレント・スケ
ーターの浅田さんが女子のトップに君臨していたかもしれないことを思うとゾッとします。

ところで、浅田さんはFSでは3Aを片足で着氷できるかもしれないと思って試みた結果、UR判定を
もらい、転倒したようですね。残念ながら、FSでの3Aが現時点での実力かと思われます。
また、ご自分で「私にしか出来ない8トリプルの高難度構成」的なことを言わないほうがいいのでは…
品性が疑われますし、実際には跳べていないですからね。それにしても、冗談のような高いスコア
には毎度のことながら驚かされます。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三鷹女子高生殺害事件 [事件・事故]

10月8日の夕方、高校3年生の鈴木沙彩さん(18)が東京都三鷹市井の頭の自宅前の路上で首
などを刃物で切られて倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。
逮捕された池永チャールストーマス容疑者(21)は被害者の元交際相手とみられ、「間違いない」
と容疑を認めているもよう。警視庁は交際上のトラブルがあった可能性も含め、殺人容疑で動機
などを調べているとのこと。

また、被害者の鈴木さんは池永容疑者からストーカー行為を受けていたようで、8日の朝、ご両
親と一緒に三鷹署に相談に行き、同署はその場で容疑者に電話したものの繋がらず、折り返し
連絡するよう伝言を残したそうです。その後、鈴木さんは高校で授業を受け、学校から帰宅した
直後に襲われたとみられ、制服姿だったとのこと。

またまた警察の対応のまずさが指摘されそうな事件が起きてしまいましたが、確かに三鷹署の
伝言は諸刃の剣だったでしょうね。それにしても、メールで「殺すぞ」と言われ、警察にまで相談
した被害者がなぜ家の外に一人でいたのか個人的に理解できません。容疑者を自宅近くで見
かけるようになっていたのなら、登下校時に一人にならないよう配慮するのが普通だと思うので
すが。。。まさかストーカー被害を訴える人全てを公的に警護するわけにもいきませんし、常人に
は理解し難い行動に出る者の存在はなくならないですから、ストーキングや脅迫、殺人が許され
る行為ではないことを踏まえた上で、日頃から言動には気をつけ、自分の身は自分で守る意識
を持つことも必要かと思います。通り魔や無差別殺人とは違いますからね。

ちなみに、私の周りではストーカー被害に遭った知人が一人いるのですが、相談した警察からは、
できるだけ相手をしないよう助言されたそうです。ストーカー行為に走る人の特徴の一つに妄想
癖があるようで、中途半端に相手をしていると誤解を招き、状況が悪化することもあるらしいです。
知人の場合、しばらくの間完全無視を続けていたら、相手も諦めたのか無事解決しました。もと
もと痴情の縺れというわけでもなく、状況がさほど深刻ではなかったことも幸いしたのでしょうが、
警察への早目の相談、そして初期の対応が肝心なのかもしれないですね。

ところで、被害者と容疑者はFacebookで知り合ったとのこと。一つの出会いの場としてはアリな
のかもしれませんが、SNS上で見せる顔がその人の真の姿ではない可能性もあることを肝に銘
じておいたほうが良さそうです。また、警察に相談する際、ややもすれば人は自分に都合の悪い
ことは言わない傾向があるようにも感じられます。警察の適切な判断・対応に繋げるためにも、
話したくないことでも包み隠さず情報提供する覚悟も必要なのではないかと思います。

2013年10月10日追記:
報道によると、池永容疑者は「事件当日、女子生徒宅に侵入し、室内のクローゼットの中で待ち
伏せしていた」と供述しているそうです。家の外ではなく、家の中だったのですね。なぜ被害者が
家の外で容疑者と二人で居合わせたのか不思議だったのですが、これで納得できました。
ただ、鍵が壊された形跡はなく、容疑者は無施錠の窓から侵入したようです。私的には、ストー
カー被害に遭っている最中に無施錠など有り得ない話で、被害者側の危機管理の甘さを感じま
した。また、ネット上では容疑者による被害者のプライベート画像の流出についても話題になって
いるようです。もしそれが事実ならば、被害者にとっても不名誉なことではあるでしょうが、ストー
カー行為ではなく、脅迫も含めた犯罪として事前に取り締まることができなかったのが残念です。
とどのつまり、被害者を美化して警察を批判しても、この手の犯罪はなくならないと思います。

2013年10月14日追記:
被害者は昨年9月頃に池永容疑者と別れた後、容疑者本人の携帯電話を着信拒否にしていた
そうです。また、池永容疑者は友人から携帯を借り、今年3月頃から再び被害者に連絡を取り、
復縁を迫るようになったようですが、その携帯も6月に着信拒否にされており、連絡手段を繰り
返し絶たれたことで、恨みを増幅させたとみられているとのこと。
別れ話は誰にとっても面倒なこととは思いますが、ここまで恨まれてしまうとは、被害者は容疑
者ときちんと話さず、突然着信拒否してしまったのでしょうか。。。この事件は、被害者が未成年
ということもあって全てを報道しずらい状況にあるようですが、痴情沙汰と純粋なストーカー犯罪
とは区別して考えたほうがいいと思います。

nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。