So-net無料ブログ作成

ISU GPS エリック・ボンパール杯 2013(フランス大会) [フィギュアスケート]

フィギュアスケートのGPS 第5戦エリック・ボンパール杯が開催され、男子シングルに出場した
羽生結弦選手が263.59点で2位となり、ファイナル進出を決めました。

男子の優勝はSPもフリーもほぼ完璧だったパトリック・チャン選手。2位の羽生選手とは約30点
差の圧勝でした。もともと飛びぬけたスケーティング技術を持つ上にジャンプの質も高いチャン選
手に、表現面に注力され、苦手とも言われる3Aまで綺麗に決められたら、現状では誰も勝てな
いのではないかと思ってしまいました。絶対王者と呼ぶにふさわしい他を圧倒する見事な演技で、
PCSの高さも然ることながら、フリーではTESも100点超え。295.27は歴代最高得点だそうです。

SPはほぼ完璧な演技で終えた羽生選手でしたが、フリー冒頭の4Sがアクシデントで抜けてしま
い、続く4Tでは転倒してしまいました。でも、その後は集中力の切れない丁寧な演技で、大きな
ミスがあった割にはフリーのスコアも168.22とそれほど悪くなかったと思います。まだまだベテラ
ンのトップ選手達に比べると高いPCSは望めないとは思いますが、演技自体に華がありますし、
難度の高い構成、加点の貰えるジャンプやスピンなどを武器に、常に失点を最低限に抑えた安
定した演技が出来るように頑張って欲しいですね。ただ、くれぐれも怪我には気をつけてください。

男子の3位に入ったジェイソン・ブラウン選手ですが、プログラムにはクワド・ジャンプが入っていま
せん。ジャンプ好きの私としては競技用プログラムとして少々物足りなさを感じることもありますが、
独特の雰囲気と表現力を持った選手で、その演技にはつい魅入ってしまいます。

女子の優勝はやはりアシュリー・ワグナー選手でしたね。2位にアデリーナ・ソトニコワ選手、3位
にアンナ・ポゴリラヤ選手とロシア勢が入り、この3選手がファイナル進出を決めています。
ワグナー選手は、ジャンプの回転がもっと充実してくれると私の中での評価は上がるのですが…
ただ、大きく崩れることのない自信に満ちた演技には、毎回、全米女王としての誇りを感じます。
ソトニコワ選手は、フリーで冒頭の3-3を3-2にしたのが功を奏しましたね。ルッツのe判定以外は
ほぼミスの無い演技で、PCSも64.65出ています。いつ見てもスピンのポジションがすごい。。。

3位のポゴリラヤ選手は、フリーの衣装で右手にだけ手袋を着用する効果を延々と力説するくらい
に主人が気に入っている選手です。キム・ヨナ選手を彷彿させる見応えのある冒頭の3Lz-3Tと、
特にSPの長足&高速ウィンドミルが印象的でした。ところで、我が家では「ポゴ」か「パゴ」かで
少々悩んでいます。主人は「パゴ」派で私は「ポゴ」派(「ポゴ」のほうが可愛いと思う)なのですが、
世間一般にはどう表記されているのでしょう。。。

さて、GPSも残すところあと1戦となりました。現時点で、男子のチャン選手、羽生選手、高橋大輔
選手、ハン・ヤン選手、女子の浅田真央さん、ワグナー選手、ソトニコワ選手、ポゴリラヤ選手が
ファイナル進出を決めていますが、残り4枠を手にするのは誰なのか気になるところです。
私的には、希望も込みで、織田信成選手、町田樹選手、ユリア・リプニツカヤ選手、エレーナ・ラデ
ィオノワ選手が出場することになるのではないかと思っています。ただ、カロリーナ・コストナー選手
も無視できないですよね。エリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手はどうかな。。。
安藤美姫選手とキム・ヨナ選手の出場が予定されているゴールデン・スピンも楽しみですね。

2013年11月24日追記:
ロステレコム杯で町田樹選手が見事優勝。2位がマキシム・コフトゥン選手、3位はハビエル・フェ
ルナンデス選手となり、町田選手とコフトゥン選手がファイナル進出を決めました。
また、女子の優勝はリプニツカヤ選手、2位がコストナー選手、3位は長洲未来選手。ファイナルの
残り2枠はリプニツカヤ選手とラディオノワ選手に確定しました。
ファイナル進出者が出揃い、男子は3枠が日本、女子は4枠がロシアになりましたね。

3013年11月28日追記:
高橋大輔選手が怪我のためファイナル欠場。織田信成選手が繰り上がり出場となります。

nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石油缶を配りながらエリック・ボンパール杯 [フィギュアスケート]

羽生結弦選手が出場しているフィギュアスケートのエリック・ボンパール杯男子シングルSPの
行方を気にしながら、今日もミステリーハウスのフリーギフトの石油缶とマッチ配りをしました。

さて、前回のスケート・カナダではチャン選手を意識しすぎて自爆気味だった羽生選手ですが、
今回は大丈夫だったようです。本人比で4Tの着氷がベストというわけではないようにも見えた
ものの、SPの出来はかなり良かったと思います。観客も沸いていました。
スコアは95.37でトップのパトリック・チャン選手とは約3ポイント差の2位。チャン選手とPCSで
差がつくのは仕方の無いこと。TESはトップでした。世界王者として貫禄十分な演技を見せて
くれたチャン選手に羽生選手がどこまでついていけるのか、フリーが待ち遠しいです。

ちなみに、羽生選手の今季SPは主人の大のお気に入りです。昨季初めて見た時から「高橋
選手の御株を奪うかのような格好良さだ」と褒めておりました。そして、何故か私は羽生選手
の4Tの入りがとても好きなのです。出来ることなら、フリーでも冒頭ジャンプを4Tにして欲しい
くらいです。でも実際は、フリーで4Tと4Sの両方を決めてくれれば満足だと思います。

お二方の闘いが素晴らしく面白かったので少々興奮気味になってしまい、フリーギフト配りが
中断してしまいました。続きはひと眠りした後、起きてからにしようかな。。。

2013年11月16日追記:
昨季世界ジュニア3位のアンナ・ポゴリラヤ選手は容姿も演技も本当に大人っぽいですね。
先頃行われた中国杯では優勝。2Aの失敗が残念でしたが、キム・ヨナ選手を彷彿させるよう
なスピードに乗った冒頭の3Lz-3Tは綺麗に決まり、今大会SPでもアシュリー・ワグナー選手
に次いで2位につけています。主人のお気に入りで、我が家では将来をとても楽しみにしてい
る選手です。それにしても、ロシアの若手女子は凄い。。。贅肉の無い、でも程よく筋肉のつ
いたしなやかな身体と確かな基礎技術、そして豊かな表現力に惚れ惚れします。

2013年11月17日追記:
フリー演技の結果、男子シングルの優勝はチャン選手、2位が羽生選手、3位はジェイソン・ブ
ラウン選手、女子の優勝はワグナー選手、2位がアデリーナ・ソトニコワ選手、3位はポゴリラヤ
選手となりました。今大会を終えた時点で、男子のチャン選手、羽生選手、高橋大輔選手、
ハン・ヤン選手、女子の浅田真央さん、ワグナー選手、ソトニコワ選手、ポゴリラヤ選手がファ
イナル進出を決めています。
チャン選手は羽生選手に30点以上の差をつける圧勝。羽生選手はフリーで冒頭の4Sがアク
シデントで抜けてしまい、続く4Tでは転倒もありましたが、最後まで集中力を切らさない粘り強
い演技が出来たと思います。4Sは残念でしたが、前回の教訓がしっかり生かされましたね。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ボケ防止にミステリーハウス [ゲーム]

最近、歳のせいか、物忘れがひどく、記憶があやふやになることがあります。
出先で自分の住所・電話番号を記入する際にアドレス帳を見ながら…なんてことも珍しくなく、
その都度メモを取っておかないと、予定をすっかり忘れてしまうこともあったり…
また、先週のことだったのか、先々週だったのか、場合によっては昨日のことなのか、一昨日
なのかすら記憶が怪しいことも…

そして、うっかり勘違いしたままブログの記事を書いてしまい、後で大慌てすることもあります。
もともと筆不精な上に飽きっぽくて面倒くさがりときているので、ブログの更新も不定期になり
がちな中、それでも見に来てくださる方々には感謝と同時に大変申し訳なく思っております。
ボケ防止に細々とでも続けてはどうかと主人からのアドヴァイスもあるので、今後もマイペース
で記事を綴っていくつもりでおりますが、至らぬところを大目に見ていただければ幸いです。

ところで、ボケ防止といえば、最近嵌ってるYahoo!モバゲー『ミステリーハウス』もかなり有効
な気がします。主人も私もレベル200台前半なのですが、平日は自分の分と仕事中の主人の
分もケアしているので、けっこう忙しくなります。友達を一般公募せずに、夫婦二人と近しい友
人達を誘って少人数で遊んでいるため、リクエストで捌くクエストなどはクリアに時間がかかる
ものの、先日やっとボトル・シップが開いてワクワクしています。

ところで、私達夫婦は経験がないのですが、友人の中には地下探索時に何も見つからないこ
とが多発している人がいます。ちょっと調べてみたら、今年の3月か4月頃を境に設定が変わっ
たのではないかとの情報がありました。私達夫婦はギリギリ3月頃に始めたので、お守りなし
でもモンスターも何かドロップすることが多いのですが、4月頃始めたその友人達はお守り無し
だと何もドロップしないことが多いようです。う~ん、途中で設定を変えるってありなのかな。。。
主人はあまり歓迎できないと申しておりますが…でも、無料のゲームですからね。。。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ISU GPS NHK杯 2013(日本大会) [フィギュアスケート]

ISU GPS NHK杯が開催され、男子シングルの優勝は高橋大輔選手、2位は織田信成選手、
3位はジェレミー・アボット選手という結果となりました。そして、女子の優勝は浅田真央さん、
2位はエレーナ・ラディオノワ選手、3位は鈴木明子選手でした。
また、ペアの高橋成美&木原龍一組は8位、アイス・ダンスのキャシー・リード&クリス・リー
ド組は6位という結果でした。

織田選手の演技はSPもフリーもなかなか良かったですね。フリー冒頭の4T-3Tが3T-1Tに
なってしまったのは、SPでの4TのUR判定が精神的に影響したのでしょうか。。。個人的に、
あの判定は気の毒としか言いようがありません。まるで回転不足の基準が選手によって違う
かのようです。私の目には、認定された高橋選手のいくつかのジャンプよりも見事なジャンプ
に見えましたけれど…高橋選手もそれなりの演技をしたとは思うのですが、日本開催となる
GPFに何とか彼を出場させたいという思惑が見え隠れする違和感の残る採点結果でした。
そして、細かいジャンプ・ミスはあったものの、アボット選手のフリー演技は素晴らしかったで
すね。勝負という意味ではそうも言っていられないとは思うのですが、高難度のジャンプ構成
などなくとも、十分に鑑賞に堪え得るプログラムだと思います。

女子の浅田さんはジャンプの難度を上げると演技が雑になりますね。ツーフットの3Aを2本跳
んでフリーではUR判定、またSPでは3Lo-2Loの2LoがUR判定を受けました。私的には他に
も回転の怪しいジャンプがあったように感じましたが、すべてはジャッジ次第ですからね。。。
ただ、ご本人が質の良いジャンプの習得に真剣に取り組んでこなかった印象を受けます。
2位のラディオノワ選手のフリーは3Fのe判定以外はミスの無い演技で、TESはトップでした。
SPの3-3のリカバリといい、14歳とは思えない技術と表現力、メンタルの強さに驚かされます。
鈴木選手はなかなかSPとフリーを揃えることが出来ないのがもどかしいですね。ミスはあり
ながらもSPは観客を惹き込む感動的な演技でしたが、フリーではミスを引きずってしまったの
か、少々元気がないようにお見受けしました。それでも一つ一つの所作は本当に綺麗ですね。

さて、個人的に、人の目による回転不足判定に対して懐疑的にならざるを得ない後味の悪い
大会でした。いくら興行とはいえ、PCSのみならずTESまでもがジャッジの匙加減次第でどう
にでもなる競技にフィギュアスケートがなりつつあるようにも感じられ、とても残念です。
でもまあ、所詮「高橋杯」「浅田杯」などと揶揄されることもあるNHK杯ですからね。。。
それにしても、ワールド銅メダリストのハビエル・フェルナンデス選手の調子がイマイチでした
ね。熱狂的な高橋ファンの異常な熱気にでも当てられたのでしょうか。。。

nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

両足着氷は失敗ジャンプ [フィギュアスケート]

現在開催中のフィギュアスケートのNHK杯。今日は男女シングルSPの放送がありました。
男子と女子の放送の合間に「ミステリーハウス」の地下探索と”ハーミット&野蛮人”叩きを
挟みながらのテレビ観戦となりました。

さて、男子は1位高橋大輔選手、2位ハビエル・フェルナンデス選手、3位織田信成選手です。
採点に手間取っていた織田選手のスコアが低いように感じたのですが、あの綺麗な4Tが
回転不足を取られたのですね…気を落とさずにフリーも頑張って欲しいです。

一方、女子のほうは、1位浅田真央さん、2位鈴木明子選手、3位エレーナ・ラディオノワ選手。
相も変わらず、またまたツーフットの3Aを跳んだ浅田さんが1位ですね。この人には片足で
着氷する意思がほとんどないのでは…日頃からツーフットの練習をしているのでしょうね…
アスリート失格と言う以外ありません。3Asadaとは言い得て妙ですね。。。

ところで、ご本人による「失敗ではない」という趣旨の発言がありましたが、ツーフットは立派
な失敗ジャンプですよ。私的には、ツーフットは潜在的に”回転不足”と”転倒”という問題を
抱える深刻な失敗ジャンプだと思います。要するに、毎回ツーフットを繰り返すということは、
跳べないということとほぼ同義です。ISUもまさかこんな姑息な手段で点数を稼ぎにくる選手
が存在しようとは思わずにルールが決められたのでしょうが、トップを争う選手によってこうも
繰り返されると、ショーではなくスポーツとして観ている側は興醒めもいいところです。
主人は浅田さんのツーフットを一種の”詐欺行為”で”恥知らず”だと申しております。

それにしても、殿堂入りまでしているコーチがついていながら、いつまでツーフットを続けさせ
るおつもりなのでしょう。コーチ自ら浅田さんをアスリートではなく、タレント扱いですか。。。
それとも、はなから浅田さんには片足着氷は無理だと匙を投げておられるのでしょうか。。。

最後に、ジャンプ・ミスはあったものの、鈴木選手の演技には心に響くものがありましたね。
そして、ラディオノワ選手の3-3のリカバリは素晴らしいの一言です。

2013年11月9日追記:
本日行われたフリー演技の結果、NHK杯の男子シングルの優勝は高橋選手、2位は織田選
手、3位はジェレミー・アボット選手となりました。織田選手の決まったジャンプは本当に綺麗。
SPの4Tの回転不足判定が未だに信じられません。また、ジャンプ・ミスはありましたが、アボ
ット選手のフリーの演技は良かったですね。リッポン選手のフリーも好きなプログラムです。
一方、女子の優勝は浅田さん、2位はラディオノワ選手、3位は鈴木選手という結果になりまし
た。浅田さんはどうしてもツーフットが止められないようで、3Aはとうとう回転不足を取られまし
た。そして、ラディオノワ選手は本当に魅力的な演技をする選手ですね。フリーは3Fがe判定に
なった以外にはミスの無い演技で、TESはトップでした。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。