So-net無料ブログ作成

全日本フィギュアスケート選手権2013とソチ五輪代表選手 [フィギュアスケート]

フィギュアスケートの全日本選手権大会が開催され、男子シングルで羽生結弦選手が2連覇を
達成、2位は町田樹選手、3位は小塚崇彦選手という結果となりました。また、女子シングルで
は鈴木明子選手が初優勝を飾り、村上佳菜子選手が2位、3位は浅田真央さんでした。

羽生選手のSPは安心して観ていられます。フリーではジャンプの着氷が乱れる場面もあったも
のの、4S以外のジャンプの安定感は流石ですね。私の主人は転倒した4Sでも「オーッ、やっぱ
りフィギュアのジャンプはこうでないとね。迫力がないと。でも惜しかったな」と歓声を上げます。
GPFでは悔しい思いをした町田選手ですが、今大会ではほとんどミスのない演技で堂々の2位。
小塚選手はあまり闘志を剥き出しにするタイプではないようにもお見受けしますが、強い決意の
感じられる演技でした。今季プログラムは彼のスケーティングの美しさが堪能できていいですね。

鈴木選手の演技はSPもフリーも素晴らしかったです。特にフリーは、個人的に今大会最も印象
的な演技でした。待ち望んだ優勝に、「やればできるじゃないか」と私の主人も大喜びです。
村上選手の演技も本当に良かったです。テレビ画面の近くで観戦していた主人が、フリーの滑
り出しの前に「気合の入ったいい顔をしている」と言っていました。身体能力も高い選手だと思う
ので、自分らしさを大事にしながら、できれば現役を続行して欲しいと思います。
浅田さんは周りを舐め切っていたのでしょうか。それぞれの選手の気持ちのこもった演技の中で
は、印象の薄い少々物足りなさを感じる最終滑走になってしまいました。そして、この人の自称
「質の良くなった3A」への挑戦を目にする度、伊藤みどりさんの偉大さを再認識させられます。

ところで、今大会をもって安藤美姫選手と織田信成選手が現役引退となりました。
出産から半年強でここまで戻せるとは、やはり安藤選手のジャンプのポテンシャルは本物でした
ね。準備期間がもう少しあれば…と残念な部分もありますが、私の目には歪にも見えるジャンプ
を跳ぶトップ選手も存在する中、安藤選手の綺麗なジャンプを観ることができて良かったです。
また、ジャンプが跳べなくなった時が退き時ではないかと感じている私としては、織田選手の引
退は正直もったいないと思います。でも、気持ちは既に次の目標に向っているのですね。ご本人
の人柄と美意識を垣間見ることのできる清清しい決断でした。

さて、気になるソチ五輪の日本代表は、男子シングルの羽生選手、町田選手、高橋大輔選手、
女子シングルの鈴木選手、村上選手、浅田さん、ペアの高橋成美&木原龍一組、アイスダンス
のキャシー&クリス・リード組に決まりました。世界選手権も同じメンバーで臨むようです。
ただ、一応選考基準に則って(予定通りに)選出されたのでしょうが、まさか何かにつけて「モチ
ベーションが…」が口癖、「五輪に出られないのなら、四大陸選手権や世界選手権にも出ない」
などとまるで駄々っ子のような全日本5位の選手が五輪のみならず世界選手権の代表にまで選
ばれるとは思ってもみませんでした。興行的な側面のあるスポーツとはいえ、後味の悪さが強く
残る人選だったと思います。そもそも選考基準が公平さや合理性に欠けていてナンセンス。。。

最後になりますが、関係者による良識を疑う発言の数々を見聞きするにつけ、日本のフィギュア
スケート界は深刻な人材不足に陥っているように感じます。また、男女ともに競技に向う姿勢や
実力に疑問を感じるタレント・スケーターが重宝がられる世界のようで、アマチュア・スポーツとし
ては終わっている感が半端ないです。「精神的支柱」や「色気」には呆れて笑いが止まりません。
そもそも団体戦のことを考えるのなら、「精神的支柱」よりもペアとアイスダンスの強化でしょう。。。
そして、フィギュアスケートという狭い世界で甘やかされたアイドル選手達の将来を憂います。

2014年2月28日追記:
ソチ五輪の男子シングルで羽生選手が金メダルを獲得しました。団体戦も含めてSPは素晴らし
い演技でしたね。日本開催のGPFで既にチャン選手に勝ってはいますが、高難度プログラムで
じわじわと追い詰めていき、ミスを誘い、とうとう仕留めたという印象を受けました。チャン選手も
相当なプレッシャーだったのではないでしょうか。若い選手の勝ちパターンとしては実にスマート
な戦略ですよね。ただ、これ程の高難度構成は誰にでもできるものではないとは思いますし、
PCSがどこまで伸びるかという問題もあるでしょうけれど…実際チャン選手を慌てさせたのも羽
生選手の予測可能なTESではなく、むしろPCSの伸びのほうだったのではないかと想像します。
また、男子の町田選手が5位、高橋選手は6位でした。日本男子は強いですね。
一方、女子のほうは浅田さんが6位、鈴木選手が8位、村上選手が12位という結果となりました。
そして、団体戦は5位でした。ペアの高橋&木原組もアイスダンスのリード姉弟もよく頑張ったと
思います。

2014年3月5日追記:
高橋大輔選手が右膝の慢性関節炎のため世界選手権を欠場することになり、代わって小塚崇
彦選手の出場が決まりました。

nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ISU GPファイナル2013とキム・ヨナ選手の復帰戦 [フィギュアスケート]

フィギュアスケートのグランプリ・ファイナルが福岡で開催され、男子シングルに出場した羽生結弦
選手がパトリック・チャン選手を抑えて見事ファイナル初優勝を飾りました。2位はチャン選手、3位
織田信成選手、4位町田樹選手、5位マキシム・コフトゥン選手、6位ハン・ヤン選手でした。
一方女子のほうは予定通りに浅田真央さんが優勝。2位ユリア・リプニツカヤ選手、3位アシュリー・
ワグナー選手、4位エレーナ・ラディオノワ選手、5位アデリーナ・ソトニコワ選手、6位アンナ・ポゴリ
ラヤ選手という結果になりました。

羽生選手はSP、フリーともに1位の完全優勝。SPはほぼ完璧な演技で世界歴代最高得点を叩き
出しました。フリーでは冒頭の4Sの転倒と最後のスピンが残念でしたが、他のジャンプは全て素
晴らしい質で決まりTESも100点超え。繊細かつ覇気の感じられる演技に、いつになく主人も興奮
気味。そして私は、後半の畳み掛けるようなジャンプの数々に、体操の種目別「鉄棒」のスペシャ
リスト達によるめくるめく技の連続にも通じる感動を覚えました。また、日本開催という地の利の影
響もあったのでしょうが、SPではTESのみならずPCSもトップ、フリーのPCSもチャン選手に約3点
差に迫るご自身のスコアに違和感を持つことの出来る羽生選手の知性と品性に頼もしさを感じる
と同時に安堵しました。(フィギュアスケートの採点システムは時に選手達を惑わす危険性をはら
んでいると感じていますので…)もちろん、優勝は羽生選手で間違いないと思っています。

さて、日本での試合は苦手だとも言われていたチャン選手ですが、フリーではスタンディング・オベ
ーションを受ける素晴らしい演技を披露してくれました。調子がイマイチの中でも、やはりスケーテ
ィングそのものから受けるインパクトは圧倒的だったと思います。
また、織田選手は与えられたチャンスをしっかり掴む強さを見せてくれましたね。よく「母は強し」と
言いますが、「父は強し」でしょうか。。。

浅田さんは「あちらを立てればこちらが立たず」で、なかなかクリーンな3Aを跳ぶことができないで
すね。フリーでは演技前から緊張しているようにお見受けしましたが、やはり原因はクロアチアで
ゴールデンスピンに出場していたキム・ヨナ選手だったのでしょうね。いつものようにマヲタさん達が
キム選手叩きに精を出していますが、浅田さんのスコアも十分に高いではないですか。ご本人の
自己評価の高さも超一流ですけれど。ただ、どうしてもジャンプに拘りたいのなら、まず地味な身体
作りに力を入れるべきだったのでは…この人の価値観には、アスリートとしてはどこか大きな狂い
が生じているような印象を受けます。佐藤コーチの発言から感じられる意識レベルの低さにも呆れ
ます。芸能ではなく、スポーツなのですから。一部の熱狂的なヲタさん達からは「公正な採点」を求
める声も上がっているようですが、「公正な採点」で最も困るのは浅田さんご自身かとも思われ…
ジャッジ批判もほどほどに。もっとも浅田さん自ら失敗を認めずに煽っているようですけれどね。

リプニツカヤ選手はSPもフリーもなかなか良い演技だったと思います。キス&クライでの様子からも
彼女の本気度がうかがい知れますが、若手がなかなか勝てない女子シングルは、男子に比べて
面白みに欠けます。しかも相手はとてもトップ選手とは思えないジャンプ技術しか持たないタレント・
スケーターですから尚更です。でも、この「浅田祭り」でよく健闘したと思います。若手頑張れ!

ところで、楽しみにしていたゴールデンスピンでキム選手が優勝、安藤美姫選手が2位となりました。
キム選手はSPの2Aでステップ・アウトとお手つき、フリーの3-3の3Lzでは転倒したものの、そつな
くリカバリ。リンクが狭かったのかジャンプが跳び難そうにも見えましたが、基本的な滑りとジャンプ
の質の良さは健在、相変わらずリンクに立った時のオーラがすごいです。演技には風格を感じました。
怪我明けの復帰戦でレベルの取りこぼしもありますが、五輪本番までには対応してくることでしょう。
安藤選手も徐々に調子を上げてきているような印象を受けました。SPでは3T-3T<も着氷しました。
全日本で五輪出場を決めてくれると嬉しいのですが…

話は変わりますが、ジュニア・グランプリ・ファイナルの女子シングルで、またまたロシアが表彰台を
独占しました。一方、基礎のちょっと上の技術でさえも微妙だったタレント・スケーターをチヤホヤして
いたツケでも回ってきたのか、日本女子には厳しい時が近づいているようです。果たしてこのまま平
昌まで3枠を維持することができるでしょうか。。。

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感