So-net無料ブログ作成

世界フィギュアスケート選手権2014 [フィギュアスケート]

フィギュアスケートの世界選手権が埼玉で開催され、男子シングルの羽生結弦選手が金メダル、
町田樹選手が銀、スペインのハビエル・フェルナンデス選手が銅を獲得しました。小塚崇彦選手
は6位に入賞しました。一方、女子シングルでは浅田真央さんが金、ロシアのユリア・リプニツカ
ヤ選手が銀、イタリアのカロリーナ・コストナー選手が銅メダルを獲得。鈴木明子選手は6位入賞、
村上佳菜子選手は10位という結果となりました。そして、日本は男女ともに3枠を維持しました。

男子の優勝争いは0.33ポイント差の接戦で、正直、羽生選手と町田選手のどちらが勝っても可
笑しくなかったと思います。町田選手の「エデンの東」は本当に良かったですね。フェルナンデス
選手はFSで痛いミスがあったのが残念ですが、思わず顔が綻ぶような素敵な演技でした。
そして、アメリカの3枠復活、中国とロシアの2枠獲得が他国のことながら嬉しいです。予定調和
的な逆転劇よりも、この3国の枠の行方のほうが気になっていたくらいです。マキシム・コフトゥン
選手もハン・ヤン選手も会心の演技ではなかったものの、大役を果たした安堵感からかキスクラ
での笑顔が印象的でした。特にハン・ヤン選手のスケーティングやジャンプは好みなので、つい
期待も大きく膨らみます。カナダは2枠に減りましたが、パトリック・チャン選手欠場の中よく頑張
ったと思います。しばらく休養した後、チャン選手には是非競技に復帰して欲しいですね。
また、ジェレミー・アボット選手とトマシュ・ベルネル選手の現役最後(?)の滑りも感動ものでした。

女子シングルでも私の関心はロシアとアメリカの枠取りに向ってしまいました。ロシアは3枠獲得、
アメリカも3枠を維持しました。めでたし、めでたし。。。韓国は2枠。ただ、中国は1枠に…
ソチの金、銀メダリストが不在とはいえ、浅田さんは日本開催の大会では本当に強いですね。
2位のリプニツカヤ選手は転倒こそありましたが、大崩れしないのは流石だと思います。
カロリーナ・コストナー選手の「アヴェ・マリア」はやはり最高でした。アボット選手の「エクソジェネ
シス」と並んで何度でもリピートしたくなる私の超お気に入りです。
そして、アンナ・ポゴリラヤ選手の4位入賞に主人が大喜び。本当にいい演技でしたね。
鈴木選手も笑顔で競技生活を終えることが出来て良かったです。ただ、主人は残念そうですが…
あと、3-3は入っていないものの、9位の韓国パク・ソヨン選手の<もeもないFSが目を惹きました。

ところで、羽生選手はジャッジの評価も高く、いろいろな意味で強運の持ち主ですよね。私的に
は少々採点が甘いように感じるところもありますが、今回の優勝も過去の実績と2種クワドを含む
高難度構成の賜物なのでしょうね。ここぞという時のガッツと集中力は素晴らしいと思います。
ただ、各要素と振付をこなしているだけにしか見えないFSが何とも…挑戦者としてならそれでも
十分かもしれないですが、立派な成績を持つ王者の滑りとしては物足りなさが残ります。
そして、私の主人が「ナルシシスティックな計算された演技」と表現する、FSの最後に氷の上に
へたり込む大袈裟なパフォーマンスも、正直見飽きてきました。特に今大会はやり過ぎ。主人を
始め、一緒にテレビ観戦していた男性陣はドン引き、女性陣も皆さん苦笑いという感じです。
ドラマチックに自分を飾るのがお好きなようにお見受けしますが、リンクの内でも外でも過剰演出
は逆効果になる可能性もあることをお忘れなく。それより、もっとスケーティング磨きましょうね。

2014年4月9日追記:
今季で引退と目されていたアボット選手はどうやら迷っているご様子です。

nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界ジュニア選手権2014でロシア女子が表彰台を独占 [フィギュアスケート]

ブルガリアのソフィアで開催された世界ジュニアフィギュアスケート選手権の女子シングルで
ロシアが2年連続で表彰台を独占しました。優勝は昨季に続きエレーナ・ラディオノワ選手、
2位はセラフィマ・サハノヴィッチ選手、3位はエフゲニア・メドヴェージェワ(メドベデワ)選手。
ロシアの勢いは一体いつまで続くのでしょう。。。ほんとうに恐ロシアです。

さて、ラディオノワ選手は2連覇達成ですね。女子の世界ジュニア連覇は初めてだそうです。
技術力良し、演技力良し、スター性良し、性格良し(多分)。15歳という若さで振付を完全に
自分のものにして楽しそうに滑る彼女の姿には魅了されっ放しです。音取りや身のこなしに
もセンスの良さを感じますし、演技中の表情も実に魅力的。とにかく可愛い。。。
そして、3位のメドベデワ選手の演技には何とも言えぬ品の良さ、美しさがあり、目を惹かれ
ました。容姿にも恵まれ、まだ14歳だとのことなので、今後の成長が楽しみです。

ところで、日本代表の宮原知子選手は3位と0.74ポイント差で惜しくも4位、本郷理華選手は
8位となり、女子は3枠を獲得しました。目立つミスの少ない丁寧な演技が魅力の宮原選手
の一番の課題は、やはり時々取られてしまうジャンプの回転不足なのでしょうね。。。
また、男子代表の宇野昌磨選手が5位、田中刑事選手が7位となり、男子も3枠を獲得しまし
た。宇野選手には高橋大輔選手のような表現者としての資質を感じます。スピンもステップ
も全てレベル4を取れていますから、あとはジャンプですね。シニアでは3Aは必須。3Aの完
全な習得と安定が待たれます。Lzのエッジ・エラーも直るといいのだけれど。。。

いろいろと欲を言えば切が無いのですが、日本は男女とも3枠に戻すことができて、とりあえ
ず良かったです。ただ、特に近々主力選手達の引退が予定されている女子には、厳しい冬
が到来しそう(将来的には男子も安泰というわけではなさそう)ですね。もっとも私個人として
は、国籍に関係なく勝負の行方や好みの選手の演技を楽しむのが基本的なスタンスなので、
特に大きな問題ではないのですけれど…
そういえば、お隣の韓国からも気になる女子選手が出てきました。6位に入ったチェ・ダビン
選手で、PCSは高くないものの、3Lzと3Fを2回ずつ入れたFSをクリーンに滑り切っています。

ちなみに、男子の優勝はカナダのナム・グエン選手、2位はロシアのアディアン・ピトキーエフ
選手、3位はアメリカのネイサン・チェン選手でした。この3選手の中では、ピトキーエフ選手の
演技が一番好きです。とにかくジャンプが高くて綺麗。3Aや3Lzも軽々と跳んでいるように見
えるので、近い将来クワドまでいけるのではないかと期待しています。また、今大会ではミス
が出ましたが、6位の中国代表ボーヤン・ジン選手のFSはクワド3回の構成になっています。
そして、優勝したグエン選手は日本開催の世界選手権にも出場を予定しており、残念ながら、
パトリック・チャン選手は欠場のようです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感