So-net無料ブログ作成

ISU GPS スケート・アメリカ2014(アメリカ大会) [フィギュアスケート]

2014-2015シーズンのISU GPS(グランプリ・シリーズ)が開幕しました。
その第1戦となるスケート・アメリカ(Skate America)が米イリノイ州シカゴで開催され、男子
シングルに出場した町田樹選手が優勝、女子シングルの今井遥選手は8位でした。

さて、男子シングルは2位のジェイソン・ブラウン選手に30ポイント以上の差をつけた町田選手
の圧勝でした。町田選手の今シーズンのプログラムも素敵ですね。FS後半で3Aの予定が2A
になったのが残念でしたが、初戦の演技としては素晴らしい出来だったのではないでしょうか。
そして、2位のブラウン選手。ジャンプ好きの私としては難易度に物足りなさを感じるはず…な
のですが、ここのところ不思議と気になりません。最初から最後まで目が釘付けです。転倒も
何のその、すごい演技力。クワド・ジャンプがなくても十分に楽しめました。
3位のナム・グエン選手はSP7位からFS2位で追い上げ、GPS初参戦&初表彰台はお見事。
4Sも綺麗に決まりました。それにしても、ブライアン・オーサー氏の指導力は凄いですね。

一方、女子シングルはエレーナ・ラディオノワ選手がSP2位からの逆転でGPS初優勝。ラディオ
ノワ選手は演技に大人っぽい雰囲気が出てきましたね。3Lzで着氷が乱れてもセカンドにしっか
り3Tを付けるなど、大きく崩れないメンタルとガッツは立派。可憐さと強さとスター性を併せ持ち、
人前で演じるのが天職というような印象を受けます。とにかく笑顔が魅力的。
2位のエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手は今シーズン既に3試合で優勝しており、連戦の疲
れからかFSでは少々精彩を欠いてSPのトップから順位を落としましたが、決まったジャンプの
質は群を抜いていると思います。何と言っても、ルッツとフリップの跳び分けが完璧なのは強み
ですね。素晴らしいジャンパーの復調の兆しに胸が躍ります。やっぱり大好きな選手です。
3位のゴールド選手は、ルール変更によりFS後半の2S-2T-2Tがノーカウントになったのがもっ
たいなかったですね。不謹慎ながら、演技よりもお顔の美しさに見惚れてしまいます。

ところで、今シーズンからシングルでもヴォーカル入り楽曲の使用が可能になったのですが、
個人的にどうしても馴染みません。音楽の選り好みが激しい私としては、長くても5分に満たな
いクラシックやインストゥルメンタルがギリギリ許容できるところだったので、正直、今シーズン
の試合観戦には辛いものがあります。ラディオノワ選手のSPも何もヴォーカル入りでなくてもい
いのに…と思いますし、ジェレミー・アボット選手のSPも音楽は苦手です。断然FPのほうがいい。
ルールを元に戻して欲しいです。ただ、町田選手の「第九」は大丈夫でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高橋大輔選手の引退表明 [フィギュアスケート]

フィギュアスケートの高橋大輔選手が現役引退を表明しました。今後もアイスショーには
出演するようですが、フィギュアスケートとは少し距離を置いて今後のことを考えてみたい
とのこと。記者会見でのすっきりした表情が印象的でした。

近年のジャンプの調子、波のあるモチベーションから察するに、引退はほぼ決まり、あと
は発表のタイミングの問題だろうと思っていたので、今回の引退表明に驚きはなかった
です。ご本人もシーズン真っ只中での発表は避けたかったでしょうし、かと言ってシーズ
ン終了後の発表となると、何かと周りの状況も変わってしまい、引退しずらい事情が生じ
ているかもしれないですから、いいタイミングだったのではないでしょうか。

バンクーバー五輪で銅メダリストとなり、ソチ五輪までの4年間、怪我の影響、若手の台
頭、モチベーションの低下などによるのか、時に競技会でも焦りや動揺が見られ、正直、
もはや競技者としては微妙だなと思ったこともありました。でも、大怪我を乗り越え、長い
間エースとして日本の男子フィギュアを牽引してきたことはもちろん、興行的にも大きな
貢献のあった選手ですし、心から「お疲れ様でした」と言いたいです。

次の目標は定まっていないとのことですが、頭の中には既にヴィジョンのようなものがあ
るのではないかと想像してしまうくらい迷いの感じられない記者会見でしたね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレビ朝日ドラマ『相棒13』スタート [日常]

私が唯一積極的に視聴する気になれる日本のテレビドラマ『相棒』(テレビ朝日
系列)が今年も始まりました。毎秋新シリーズを楽しみにしているわけですが、
もう「season13」なのですね。

杉下右京(水谷豊)と3代目”相棒”甲斐享(成宮寛貴)とのコンビも3シーズン目。
コンビ結成当初は初代”相棒”亀山薫(寺脇康文)が一番だと思っていましたが、
シーズンを重ねるにつれ、今のコンビもなかなか面白いと思うようになりました。
鈴木杏樹さんの和服姿も素敵ですね。

来春最終回を迎えるまで、思いっきり楽しませていただきます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界体操2014 男子団体決勝と採点競技の宿命 [スポーツ]

中国・南寧で開催されている世界体操選手権の男子団体決勝が7日に行われ、日本が銀
メダルを獲得しました。金メダルは0.1点という僅差で6連覇達成の中国でした。

日本は本当に惜しかったですね。でも、リオ五輪への期待は高まりました。
1種目めのゆかからリードを守っていた日本。中国が最後の鉄棒で逆転という流れだったの
ですが、採点競技の0.1点差はジャッジの裁量次第。どちらの勝利でも可笑しくない、若干
「開催国の利」が感じられる優勝争いとなり、0.9点差で迎えた鉄棒対決はドキドキしました。

まず、最初の演技者・加藤凌平選手のスコアに一抹の不安。次に、中国2番手のリン選手
のスコアの高さに驚き。そして、最終演技者ジャン・チェンロン選手の高難度&ほぼ完璧な
演技に脱力。ただ、内村航平選手の「場所の差」、加藤選手の「採点競技の怖さ」を痛感
すると同時に、中国の底力を感じました。あの緊迫する場面で大きなミスが出れば、「地の
利」も何もないですからね。さすが鉄棒のスペシャリスト。チェンロン選手のスコアには納得
です。私の目には、演技の質も内村選手にそれ程負けていないように見えました。

ジャッジの主観が採点に影響するのは採点競技の宿命とも言えると思いますが、例えばフ
ィギュアスケートの採点はしばしば物議を醸します。(ジャパン・マネーが席巻するフィギュア
界では日本選手が優遇されることも珍しくなく、他国の選手達が気の毒になることも…)
体操も採点競技である以上、今回の結果は仕方ないのかなと思います。敵地で確実に勝
つにはライバルを圧倒する必要があるのでしょう。まして相手は世界王者ですしね。それに、
競技を通して、時に思ったよりスコアが高く出たり、逆に低かったりは「お互い様」なのでは…

ところで、日本が予選1位で決勝に進むことができず、作戦面での選択肢を減らしたことも
敗因の一つだったのかなと思ったりもします。自国開催のプレッシャーなのか世代交代や
オールラウンダー重視の影響なのか中国にもミスが目立ち、舐めていたわけではないので
しょうけれど、リードしていた日本側の意識が守りに傾きがちにも見えました。米田功さん
も解説で触れていたように、最終演技者の権利を持つことの強みを改めて感じた次第です。

欲を言えば切が無いですが、日本の選手達は落下も無く、各々の役割を立派に果たしたと
思います。白井健三選手の「負けた気がしない」にも象徴されるように、日本開催だったな
ら日本の勝利、第3国開催でも結果は違ったかもしれないと思えるくらい拮抗した戦いでした。
ただ、Eスコアは水物、今後もっとDスコアも上げていかないと、「中国のミス待ち」的な戦い
方に陥らないか気になります。今回の悔しさが更なる成長に繋がるといいですね。

2014年10月9日追記:
8日に女子団体決勝が行われ、2位の中国に6ポイント以上の大差をつけてアメリカが圧勝し
ました。「地の利」など寄せ付けない強さに驚嘆するばかりです。また、日本は8位でした。

2014年10月10日追記:
9日に男子個人総合決勝が行われ、内村航平選手が5連覇を達成しました。全ての種目で
15点台という穴のない強さは流石です。平行棒と鉄棒は本人比でイマイチでしたが、ゆかと
跳馬は圧巻でした。ただ、着地を止めに行った時の足の開きがちょっと気になるかな。。。
また、田中佑典選手が銅メダルを獲得。平行棒と鉄棒の演技は素晴らしかったですね。既に
良い選手なのですが、まだ伸びそうな予感がします。本当に演技が綺麗。
そして、銀メダルは英国のマックス・ウィットロック選手でした。2015年の世界選手権は英国
(グラスゴー)開催ですし、怖い存在になりそう。。。

2014年10月11日追記:
10日に女子個人総合決勝が行われ、アメリカのシモーネ・バイルズ選手が2連覇しました。
銀はルーマニアのラリサ・アンドレア・ヨルダケ選手、銅はアメリカのカイラ・ロス選手。
そして、寺本明日香選手は18位、笹田夏実選手は20位という結果になりました。
バイルズ選手の跳馬とゆかは迫力がありますね。高さと飛距離、跳躍力が別次元。何気に
フィギュアスケートの伊藤みどりさんを思い出します。

2014年10月13日追記:
11日、12日に種目別決勝が行われ、白井選手がゆかで銀メダル、内村選手が鉄棒で銀メダ
ル、そして加藤選手が平行棒で銅メダルを獲得しました。
鉄棒で2連覇を達成したエプケ・ゾンダーランド選手のDスコア7.7の演技は圧巻でした。

タグ:体操競技
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感