So-net無料ブログ作成

世界フィギュア2015(上海大会) [フィギュアスケート]

中国・上海で世界フィギュアスケート選手権大会が開催され、男子シングルに出場した
羽生結弦選手、女子シングルに出場した宮原知子選手が揃って銀メダルを獲得しました。
また、小塚崇彦選手が12位、無良崇人選手が16位という結果に終わり、男子は枠を2つ
に減らしましたが、女子は本郷理華選手が6位、村上佳菜子選手が7位と共に入賞を果
たし、3枠を確保しました。

さて、男子はとうとうハビエル・フェルナンデス選手が優勝しましたね。スコアが出た時の
驚いたような表情が印象的でした。今まで本来の実力を十分に出し切れていない感があ
ったので、これを機にいっそうやる気になって潜在能力が開花することを期待します。
2位の羽生選手は連覇を逃して不満そうでしたが、さすがに今回は優勝は無理でしたね。
微妙な演技で優勝とならずに却って良かったと思います。来季こそはクワドの安定を…
3位のデニス・テン選手のSPでのアクシデントは本当に気の毒でした。でも、演技内容も、
その後のコメントも実に立派。気品を感じます。私的に好感度アップ中の選手です。
そして、4位のジェイソン・ブラウン選手。クワドは無くとも、彼の演技からは目が離せませ
ん。アメリカ男子は3枠獲得です。

女子の優勝はSPで見事な3Aを決めたエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手。伊藤みどり
さんとトゥクタミシェワ選手、2人の天才ジャンパーをリアルタイムで経験できた幸せを感じ
ています。SPのジャンプ構成は3A、3Lz、3T-3Tとすべてトリプル。しかもクリーン。すごい。
宮原選手は運も味方したとはいえ、2位は快挙ですね。個人的に彼女のジャンプ(特に離
氷)は好みに合わないのですが、大きく崩れることのない安定感は素晴らしいと思います。
3位のエレーナ・ラディオノワ選手はSPでは38度の熱があったとか。そんな状態での3位
ですから立派です。成長期をうまく乗り越えて長く活躍して欲しい選手の一人です。
あと、SPで出遅れたグレイシー・ゴールド選手、アシュリー・ワグナー選手らアメリカ勢の
FSでの追い上げが見事でした。3枠獲得です。ちなみに、来季の開催国はアメリカですね。

ところで、シーズンが始まる前は主力選手達が抜けた女子シングルの枠が心配だったの
ですが、蓋を開けてみれば男子が枠を減らしてしまいました。もっとも主力が抜けたと言う
意味では、男子も織田信成選手、高橋大輔選手に続き、町田樹選手が突然の引退とな
り、多少心配はありました。平昌に間に合うように3枠に戻るといいですね。4Tと3Aの習得、
Lzエラーの克服など目覚しい進歩を遂げ、今季世界ジュニアを制した宇野昌磨選手に期
待しています。女子も、世界ジュニアで銅メダルを獲得した樋口新葉選手など有望な若手
が育っているようですし、いくらロシアが強いと言っても最大3枠です。油断は禁物ですが、
今季を乗り切り、取り敢えずいい形で次に繋がったのではないでしょうか。。。

最後に、今季も相変わらずフィギュアスケートはアマチュア・スポーツではなく、興行(主人
は、「まるでプロレスのようだ」と申しております)であることを実感している次第です。
ISU、各国連盟の思惑、スポンサーへの配慮、それらに影響されたかのようなジャッジメント…
恩恵を受ける側の選手達はいいとして、巻き込まれて割を食う選手達が気の毒ですね。
残念ながら、もう真っ当な競技としては見ていない自分がいたりもします。

nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミステリーハウスの「魔法の桜」完成と世界フィギュア男子SP [ゲーム]

Yahoo!モバゲー『ミステリーハウス』を始めて約2年が経とうとしています。
途中、運営のお粗末な仕事ぶりに嫌気がさしたり、ゲームそのものに飽きがきたりして
中だるみもありましたが、主人が気に入っていることもあって何となく続けております。
そして、今年ようやく念願の「魔法の桜」を完成させることができました。初年度は手も
足も出ない状態、昨年は何かと多忙で時間が取れずに断念、「三度目の正直」です。
今のところ、クリスマスツリーよりも貰えるアイテムが魅力的な印象を受けてます。

ただ、ヘビとドラゴンの武器である爆竹がなかなか出なくて、超回復に経験値アップの
お守り盛りだくさんで盗みまくりましたが、次第に盗むという単純作業にも飽きてしまい、
最後はアイテム数個をダイヤ購入しました。今や我が家は立派な「課金組」なのです。
と言っても、おまけ箱の中身が魅力的な時、ほんのたまにですけれど…正直、最近の
『ミステリーハウス』はやたらと手間暇がかかり、運ゲー的なところも好みに合わないし、
不具合も多い上にあからさまな商魂を感じることも多々あるので、私的には「いつ止め
てもいいかな」という状態が続いています。「時は金なり」ですしね。

ところで、話は変わりますが、世界フィギュアの男子シングルSPが終わり、日本は羽生
結弦選手1位、小塚崇彦選手19位、無良崇人選手23位とまさかの結果になっています。
羽生結弦選手は「さすが」ですが、やはり町田樹選手の抜けた穴は大きかったのかな。
最後まで諦めずにFSで最善を尽くしてくれることを願うばかりです。
それにしても、デニス・テン選手は気の毒でしたね。

2015年3月29日追記:
男子シングルは2枠に減ってしまいましたね。
羽生選手の銀、小塚選手の12位は現状では妥当なところだと思いますが、16位の無良
選手には(本人的には色々と事情もあるのでしょうが、)出場したからにはもっと頑張って
欲しかったです。気概が感じられなかったのが残念。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トゥクタミシェワ選手トリプル・アクセル(3A)成功 [フィギュアスケート]

現在、中国で開催されているフィギュアスケートの世界選手権。
女子シングルに出場しているロシア代表のエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手が
SPでトリプル・アクセル(3A)を成功させました。

まぐれには見えない加点の見込める見事な3A。素晴らしかったですね。
ここ数年3Aもどきを見せられてきた私としては感動ものでした。さらに後半に3-3と
いう高難度構成。2位のエレーナ・ラディオノワ選手に約8ポイント差の暫定トップです。

ところで、3Aと言えば去就のはっきりしない休養中の浅田真央さんですが、彼女の
3Aは3Asadaと揶揄されることもある微妙なジャンプでしたね。
では何故彼女が試合でその3Aを多用することができたかと言いますと、恐らく両足
着氷やチート技術により転倒を避けることに長けていたからではないかと思われます。
中には甚だしい回転不足ジャンプもありましたが、他の選手なら悲惨な結果になり
そうなところを上手く離氷と着氷で誤魔化していました。でも、試合で良質な3Aを決
める選手が現れた今、現役を続ける可能性はほぼなくなったことでしょう。
それよりも、大学を無事ご卒業とのこと。おめでとうございます。ちょっと見直しました。

さて、話を試合に戻しますと、SPを終えて日本の宮原知子選手、村上佳菜子選手、
本郷理華選手がそれぞれ3位、4位、5位と健闘しています。FSの演技にも期待した
いですね。一方、アメリカは7位、8位、11位と出遅れましたが、FSで巻き返すことが
できるでしょうか。

2015年3月28日追記:
本日のFSの結果、女子の優勝はトゥクタミシェワ選手、2位宮原選手、3位ラディオノ
ワ選手となりました。本郷選手が6位、村上選手が7位なので、日本女子はめでたく
3枠保持です。まだまだ油断は出来ないですが、取り合えずほっとしています。
また、アメリカもゴールド選手が4位、ワグナー選手が5位と順位を上げて3枠を確保し
ました。「このまままでは終わらないだろう」とは思っていましたが、流石ですね。

2015年3月29日追記:
昨日男子シングルのFSが行われ、優勝ハビエル・フェルナンデス選手、2位羽生結
弦選手、3位デニス・テン選手という結果になりました。小塚崇彦選手は12位、無良
崇人選手は16位でしたので、残念ながら日本男子は2枠になりました。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感