So-net無料ブログ作成

リハビリと国費の無駄遣い [社会問題]

ここ2ヶ月ほど五十肩でリハビリを受けています。
もともと病院嫌いの私は発症してから自力で治そうと悪戦苦闘した結果、無理な自己流
運動療法もどきが逆効果となり症状を悪化させてしまい、ほとんど腕が横に開かない状
態と激痛に耐え切れず、泣く泣く整形外科を受診することに…
そして、凍結肩との診断で初のリハビリ体験となった次第です。

さて、そのリハビリで、筋トレに毎日通っている40歳前後と思しき女性と毎回時間帯が重
なる(私は週1回)のですが、その方の言動が少々悪目立ちします。
まず、病院で筋トレ(シェイプアップ体操に見えるし、普通はジムに通うのでは???)
また、通常1時間弱の予約に対して2時間以上ベッドを占領し、自主トレの合間に持ち込
んだ飲み物を飲んだり雑誌を読んだり(私の予約時間帯にベッドが空いていなかったた
め、ベッドに腰掛けてリハビリ中の老齢の患者さんが移動したことも…)
極めつけは、暇をもて余すのか、通りすがりの手の空いた療法士さんをつかまえて大声
で雑談(病院ではなく、まるで喫茶店にでもいるかのようなはしゃぎっぷり…)
そして、私が最も困惑しているのが、私のリハビリ中に、隣のベッドにこちら向きに腰かけ、
私のことをじっと見ている(単に視線を向けるというのではなく、断続的にじっと何分間も
見ているらしい)のです。一度目が合ってしまい、笑いかけられて顔が引きつりました。

一応、足が悪いということにしてあるらしく、杖を持参しての病院通いのようです。
ただ、見てしまったのですよね…リハビリ時は杖をついて歩く彼女が会計を済ませてスタ
スタと歩いて帰る姿を…(足が悪くてできるような筋トレではないので仮病はバレバレなの
ですが…)病院側も「もう来なくていいですよ」とは言ってみたものの、「来たいと言うのを
来るなとも言えない」というのが実情のようです。まあ、お得意さんではありますよね(笑)
国民に優しい日本の健康保険制度の弱点ではありますが…

リハビリ室のスタッフの皆さんも彼女が私に関心を向けていることに気づいていて、何かと
対策はしてくださるのですが、話しかけられないように距離をとることにも疲れ、時間帯を
変えるか病院を変えようかと考えている今日この頃です。病院をジム代わりに使い、遊び
に来るようなタイプの方とは間違ってもお近づきにはなりたくないですから…

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。