So-net無料ブログ作成

aikoと「あたし」と姪の人生 [あまのじゃく日記]

20代半ばの私の姪について、最近気になることがあります。
直接話をしている時はさほど気にならないのですが、メールなど活字になると自分の事を
「あたし」と書くのが目立つのです。どうやら口頭でも「あたし」のようです。

何かの影響を受けていると察した主人が姪の好きなaikoさんの歌詞をネット検索したとこ
ろ、やはり一人称は「あたし」でした。「芸風を真似て愚かな癖をつけてしまったものだ」と
嘆く主人が更にaikoさんのネット上での書き込みの一人称を調べてみると、何とちゃんと
「私」とあるではありませんか。「あ~あ。。。」という感じです。

以前、姪は職場(老人ホーム)で先輩に特に厳しくされていて相当なストレスだったようで
す。当時は「不運にも、お局様に目をつけられてしまったのか」と気の毒に思っていました
が、今となってみると、上司の気持ちも分からないでもありません。高校時代の反抗期に
親が好き放題させてしまったので、世間や大人に対して舐めたような言動を身につけてし
まいました。敬語どころか丁寧語ですら怪しいのが現状です。本人は嫌がらせを受けてい
たと言っていますが、老人ホームでは入居者とのトラブルもあったらしい。

私は姪を子供の頃から知っているので特に気にしていなかったものの、気をつけてみると
私達夫婦に対しても傲慢な物言いをする(もっとも母によると、私の前ではマシなほうらし
い)ことがあり、最近は、「他の人にはそんな言い方しないように」とお節介を焼きたくなる
ことがあります。ただ、「まだ反抗期が続いているのだろう。親が容認しているのでは言っ
ても無駄だし、もう成人式も終えたいい大人なんだから本人の人生だし放っておけ」という
主人の言い分にも一理あるので悩ましい。。。

タグ:反抗期
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感