So-net無料ブログ作成

面白くなってきたフィギュアスケート男子シングル [フィギュアスケート]

最近フィギュアスケート競技への関心が薄れがちな私ですが、男子シングルの新旧対決
には惹かれるものがあります。羽生結弦選手、ハビエル・フェルナンデス選手、パトリック・
チャン選手などベテラン勢、対する宇野昌磨選手、ボーヤン・ジン選手、とりわけ驚異的な
成長を見せているネイサン・チェン選手からは目が離せません。

そして、そのチェン選手。先月行われた全米選手権でSP、FS合わせて計7クワドを着氷し、
見事な優勝を飾りました。一年前は怪我で試合ができない状態だったとは思えない回復
力と精神力。若いって素晴らしい。ソチ五輪前の羽生選手を思い出します。しかも、独特
のナルシシズムやオーラは敵わないものの、ジャンプ、スケーティング、身のこなし、スタ
ミナ、風格などは同年齢時の羽生選手以上の印象を受けます。PCSが上がれば、羽生選
手の五輪連覇をも脅かす存在になるのではないでしょうか。難度が高くなると跳びやすい
ように型を崩す選手が目立つ中、チェン選手のジャンプは踏切りが綺麗なので気持ちいい
です。欲を言えば、着氷が詰まることがあるので、そこが改善されると更にいいですね。

ところで、同じクリケットを練習拠点とする羽生選手とフェルナンデス選手。クワドの種類を
増やした羽生選手に対してフェルナンデス選手は2種クワドのまま今シーズンを迎えたわ
けですが、平昌五輪を見据えた場合、4Loをプログラムに組み込んだ羽生選手の戦略は
正しかったような気もします。チャン選手の4Sも安定しつつありますし、若手はまだまだ伸
びるでしょうし、今後フェルナンデス選手はどうするのでしょうか。ノー・ミスのプレッシャー
は相当なものになると思われます。

今週末にかけて開催される四大陸選手権は平昌五輪と同じ会場で開催されるとのことで、
珍しく羽生選手も出場の予定。欧州選手権5連覇を達成したフェルナンデス選手を除く主要
選手達が勢揃いするようなので、世界選手権さながらのハイレベルな対決が必至。今から
とても楽しみです。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

化粧水の思わぬ効用 [美容・コスメ]

もともと乾燥肌の私は、毎冬、身体のあちらこちらが粉をふいて痒くなり大変でした。
保湿用のジェルやクリームをたっぷり塗っても、その時しっとりするだけで、直ぐに
乾燥がはじまるのか、また痒くなります。我慢できずに掻いてしまうと、荒れて赤く
なり、更に粉ふきと痒みが酷くなるという悪循環。特に脛の症状が酷く、タイツを脱
ぐと粉が付いてくることもあるほどでした。

ところが、昨冬、今冬はたまに痒みは出るものの、粉ふきは完全に治りました。
どうしたかというと、とても単純。たまたまボディ用保湿ジェルを切らしてしまった際、
お風呂上がりにフェイス用化粧水を塗ってみただけです。これが私にはびっくりす
るほどに効果がありました。その後も継続使用しており、最大の悩みだった脛の粉
ふきも、今では全く無縁。使う量が足りないと、たまに痒みが出ることはあるものの、
たっぷり塗れば問題なしです。

ちなみに、私はオルビスのアクアフォース・シリーズのローション(しっとりタイプ)を
使っています。そして、私の劇的なビフォー・アフターを目にした主人もオルビスの
ローションを欲しがり、同じシリーズのさっぱりタイプを全身に使い始めたところ、真
冬に時折現れていた顔や脛、脇腹などの痒み、粉ふきが治まりました。
経験上、乾燥でお肌が荒れ始める前の早い段階からケアを始めるのが大事な気
がしており、主人も私もトラブルを起こしやすい部位に関しては、一年中ローション
を塗っています。

たかが化粧水、されど化粧水。
ズボラな私は、わざわざボディ用の製品を買う手間も省け、収納スペースも取らず、
一本のローションで全身ケアできる手軽さも気に入っています。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感