So-net無料ブログ作成

世界フィギュア2018(ミラノ大会) [フィギュアスケート]

イタリアのミラノで2018年世界フィギュアスケート選手権が開催され、男子シングルの
宇野昌磨選手2位、友野一希選手5位、田中刑事選手13位、女子シングルの樋口新葉選手
2位、宮原知子選手3位という結果となり、男女共に3枠を獲得しました。また、アイス
ダンスの村元哉中&クリス・リード組は11位、ペアの須崎海羽 &木原龍一組はSP24位
でフリーに進むことができませんでした。

女子シングルは日本のダブル表彰台。ロシア勢が崩れたとはいえ、快挙だと思います。
2枠から3枠に戻しましたし、言うこと無しです。樋口選手はSP8位から追い上げて銀メ
ダル。ほぼノーミスのFSは圧巻でした。やはりジャンプが決まれば高得点を期待できる
選手ですね。来季こそ安定した演技を!宮原選手は怪我を乗り越えて頑張っているとは
思うのですが、スポーツとして見ると、常に回転不足気味な彼女のジャンプは苦手です。

女子の優勝はカナダのケイトリン・オズモンド選手。私の好みとは微妙にズレるものの、
滑りの質も良くジャンプにも迫力があり、安定感が備わると本当に強い選手だと思います。
エフゲニア・メドヴェージェワ選手不在のロシア勢は総崩れでしたが、何とか3枠は死守
しました。今季負けなしだったアリーナ・ザギトワ選手がFSで3回転倒、SP2位から順位
を落としてまさかの5位。五輪金メダリストとなり十分に練習できず、この1ヵ月で3㎝ほ
ど身長が伸びたとの情報もネットで目にしました。身体能力の高い選手だと思うので上手
くアジャストするでしょうけれど、(来季は有力選手のシニア移行はないものの)ロシア
女子は下からの突き上げが半端ないので大変。今季世界ジュニアの覇者アレクサンドラ・
トゥルソワ選手は何と4Tと4Sの2回のクワドを成功させ、FSで技術点92.35を記録しまし
た。凄すぎです。カナダは3枠確保、アメリカ勢は精彩を欠き2枠に減らしました。

一方、男子シングルの優勝は、SP、FSともに気合の入った演技で五輪の雪辱を果たした
アメリカのネイサン・チェン選手。基礎点 115.11というクワド6回構成のFSは、現時点
では彼にしかできない神業ですね。SPもFSもミスありで合計321.40という得点がその
難度の高さを物語っています。今季プログラムはSPもFSも私のお気に入りです。3位の
ロシア代表ミハイル・コリヤダ選手の演技にはいつも何故か惹きつけられます。スケーテ
ィングも表現もジャンプの質も良いからかしら。そして、男子のまさかは中国のボーヤ
ン・ジン選手。FSで5回転倒、SP4位から19位まで順位を落としてしまいました。主人は
彼のジャンプが好きなようで、「羽生結弦選手よりもいいジャンプ」と申しております。
アメリカは3枠確保、ロシアも3枠に増やしましたが、中国は1枠になってしまいました。

さて、羽生選手の欠場により日本男子の枠は減るかもしれないと覚悟していたのですが、
蓋を開けてみると嬉しい3枠確保。足に痛みを抱えた宇野選手も何とか踏ん張って2位、初
出場の友野選手もSP11位からFS3位で大きくジャンプアップして5位入賞の大活躍でした。
友野選手はまさにシンデレラ・ボーイ。演技も魅力的。今後の活躍にも期待したいですね。

ところで、来季に向けてのルール改正に関して、GOEが-5から+5の11段階になる案が
出ているのだとか。GOEなどという付加的なものはどうでもいいので、ジャンプそのもの
の認定を厳しくしてもらいたいものです。過剰なプレロテ、エッジジャンプの変形のよう
なトウジャンプもどきはいつ取り締まるのでしょうか。巧妙に難度を下げた自己流ジャン
プにプラスのGOEを与える現状は興醒めもいいところです。一応、スポーツなのですから。

nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

ピエール・エルメのマカロンと仙太郎の最中 [お菓子]

つい先日、突然、主人がデパートでピエール・エルメのマカロンを買って来ました。

そう言えば、その数日前に「ピエール・エルメのマカロンって知ってる?」と主人
に尋ねた覚えが……確か、主人の返事は「うん、知ってるよ。有名店でデパ地下に
入ってたんじゃないかな」だったような。。。

「美味しいって評判らしいけど、どうなんだろう」という問いには「今度、買って
きてみようか?」だったと思います。そして、私は「もともとマカロンは好きじゃ
ないから、いいよ」と返したような記憶が…

でも、やっぱり主人は買って来てしまいました。
そして、二人で試食……結果は、予想通り全く好みに合わなかったです。
お口直しに、仙太郎の『ご存知最中』をいただきました。
やっぱり最中がいい。

ピエール・エルメのマカロン(左)と仙太郎の最中(右)
IMG_1587.jpgP1000834.JPG

nice!(2)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

ホットペッパービューティーと愚かな美容院と哀れな既存客 [あまのじゃく日記]

長年通い続けてきた美容院に著しいサービスの低下を、また担当美容師の技術や姿勢に
も疑問を感じるようになり、ネットで新たに美容院探しを始めた主人が興味深いサイト
を見つけました。興味深いと言っても、私達夫婦が単に情弱なだけかとは思うのですが…

果たして、そのサイトとは、リクルートが運営する「ホットペッパービューティー」です。
高額な掲載料や利用者に付与されるポイントの費用を負担してまで多くの美容院が集客
をこの予約サイトに依存しているようで、主人が利用している美容院も載っていました。

主人が注目したのは、そのほとんどが新規顧客向けの「割引クーポン」。薄利多売、質
の低下、失客、更なる割引という負のスパイラルを招くクーポンです。あまりにも高い
割引率に、主人はお店に対して不信感を持った様子。「クーポンの割引分は回転率を上
げて、手を抜かれても通常料金で通う質に拘らないリピーターから回収するか、通常価
格を適正価格より高く設定しないと商売として成り立たないからね」とのこと。その実、
主に新規顧客で回している、実質がクーポン価格レベルのお店なんてことも。

思い返せば、ここ数年における主人の美容院事情は、顔が大きく見えるだけの雑で拙い
カット、スキばさみ乱用による切れ毛、ブラシで髪を払ってくれない、予約しているに
も関わらずオーバーブッキングが原因と思われる施術中の放置、高いほうの料金を請求
されるのに軽く1シャンのみで帰宅後自分で洗い直す、など酷いもの。恥ずかしながら、
主人こそが相場よりも高い通常料金で通う、質に拘らないリピーターそのものでした。

ところで、ホットペッパービューテーに載っている口コミは当てにならないのだとか。
好意的な口コミ欲しさに特別にサービスを提供する美容院もある(主人の通う美容院の
口コミにもそれらしきものあり)と聞きますし、サクラも可能、辛口の口コミの掲載は
運営側で操作する仕組みになっているらしい。さすがに全て非掲載というのでは信用を
失いかねないので、低評価の口コミも少しは残されているようですが、わざとらしいベ
タ褒めの口コミは問題なく載るという片手落ち。また、地域別美容院の掲載は、掲載費
を高く払った順番だとのこと。上位掲載の集客力はかなりのものらしいので、新規顧客
中心の美容院の可能性もあり、特に繁忙期は質を求めるなら避けたほうが無難かも。

後悔先に立たずと言いますが、もっと早くホットペッパーを知っていれば、主人が雑に
扱われるようになった背景にも気付き、モヤモヤした気分のまま同じ美容院(美容師、
というか驚いたことに店長だった)と関わることもなかったでしょう。遅ればせながら
ホットペッパーを見て、このお店が激安クーポン(初見時よりも更に割引率がアップ)
を乱発して集客しなければならない訳が幾分か分かりました。仕事に対する姿勢は大事
ですね。適切な努力を怠り、既存顧客に甘え、安さを求めて来店するご新規様を安易に
優遇し、リクルートに貢ぎ続ける美容院が愚かに思えてなりません。

ちなみに、「何で高い広告費を払ってまで安売りするのだろう」という私の疑問に対す
る主人の答えは、「安くしないと客が来ないからだろう。クーポンの存在を知る常連客
にも、裏でサービスしていると思うよ。もう手遅れさ」という身も蓋もないものでした。

nice!(1)  コメント(66) 
共通テーマ:日記・雑感

山中慎介選手とルイス・ネリ選手の再戦とその波紋 [ボクシング]

3月1日、東京・両国国技館でWBC世界バンタム級前王者のルイス・ネリ選手(メキ
シコ)と同級1位の山中慎介選手(帝拳)によるタイトルマッチが行われ、前日計量
で体重超過(1.3㎏)のため王座を剥奪されたネリ選手の2R・TKO勝利となりました。
その結果、王座は空位に。山中選手はこの試合を最後に現役引退を表明しました。

ドーピング疑惑の次は計量失敗、山中選手の心中を思うと、特にファンでもない私で
も気の毒でたまらない気持ちに。。。アンフェアな対戦ゆえ、私的には興行のための
無効試合としてテレビ観戦したのですが、最大の被害者はチケットを購入した観客と
いう後味の悪い結果になってしまいました。ネリ選手はプロ失格。気持ちのコントロ
ールが難しい中、最後まで最善を尽くそうとした山中選手は立派だったと思います。

試合に勝って大喜びのネリ選手には、心底呆れました。減量失敗の責任を栄養士に押
し付けているようですが、体重超過は半ば確信犯的。一時的にベルトを手放すことと
引き換えに、無理せず体力を温存してジャパンマネーと勝利を手にするつもりだった
ようにお見受けできます。ドーピング疑惑まであった選手に足元を見られ、すっかり
舐められ、帝拳も詰めが甘い。こんなところにも日本人の平和ボケが…

それにしても、近年、故意と思われる体重超過で試合に勝利する選手が目立ち、興醒
めです。業界自体が体重超過に対して甘い印象も受けます。ネリ選手の件でも、王座
は剥奪されたものの、何のハンディも無いまま試合は行われました。何のための階級
制なんだか。。。プロボクシングには興行的な側面もあるので試合中止が難しいとな
ると、ルール違反には重いペナルティを科したほうが良いのかもしれません。

などと記事を書き綴っていたら、WBCがネリ選手の無期限資格停止処分を決めたらし
い。ファイトマネー70%の凍結(WBCから帝拳への指示)などの報道も出ています。
ただ、契約についてはWBCの関知することではないですし、ネリ選手に対する批判の
声を受けて取り敢えず取った措置のようにも感じられ、ヒアリングの結果、「禁止薬
物入りの牛肉を食べた」というネリ選手の主張が通ってしまったドーピング疑惑同様、
栄養士のミスということでお咎め無しという馬鹿げた最悪のパターンもあるかも。。。

ところで、ネリ選手は試合後、「また日本で試合をしたい」と言っていたそうです。
何かもう笑うしかないですね。JBCもネリ選手の1年間の招へい禁止を決定しましたし、
日本人もそこまでお人好しではないでしょうから、恐らく無理でしょう。ネット上で
は「井上尚弥選手に敵討ちを」などという意見も目にします。でも、こういう質の悪
い輩には関わらないほうが無難なのでは。。。まともな倫理観や良心を持ち合わせて
いる側が振り回されて割を食うだけかと思います。

2018年3月11日追記:
WBCが2018年3月度のWBC世界バンタム級ランキングからネリ選手を除外したそう
です。また、JBCがネリ選手の日本でのボクシング活動停止処分を発表しました。
1年間だった招へい禁止が無期限になることにより、事実上の永久追放となるらしい。
当然ですね。

2018年4月3日追記:
中山選手が3月26日、正式に現役引退を発表しました。お疲れ様でした。

タグ:ボクシング
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。