So-net無料ブログ作成
日用品・医療品 ブログトップ

Nikon(ニコン)のライト付きルーペ『あかり』 [日用品・医療品]

私は、もともと視力は良いほうで、眼鏡もコンタクトレンズも不要でした。
ところが、近年、老眼気味になってきて近くの文字が滲みます。
大きめの文字は離すことによって読めるのですが、細かい文字は離すと読めなく
なってしまい困っていました。

主人の両親からは「老眼が進んでしまうので老眼鏡は常用しないほうがいいよ」
との助言もあり、必要に応じてVixen(ビクセン)のルーペを使っていたのですが、
携帯用の小さいものだったので少々使いにくさを感じていました。

そんな折、主人がNikon(ニコン)のライト付きルーペ『あかり4D』を見つけてくれま
した。レンズ専用のカバーが付いていて、軽くて持ちやすく、とても便利です。
当初はライトの効果に疑問を持っていたのですが、実際にライトを点けると驚くほ
ど見やすくなります。しかも、左右どちらの手に持っても、レンズを縦にしても横に
しても使い勝手の良いように設計されていて、ライトも両面についています。
これで、どんなに小さな文字も、細かい写真や絵も大丈夫です。

他に丸型の『あかり8D』がありますが、主人は「読書には角型の4Dのほうがいい
ですよ」と店員に勧められたとのこと。丸型は針仕事などに向いているそうです。

レンズカバーとルーペ本体です。
P1001207.JPG

ネピア『鼻セレブ』 [日用品・医療品]

花粉症や風邪の時、そして私的には乾燥する季節にも欠かせない保湿ティッシュ。
ネピアの『鼻セレブ』は、「ソルビット」と「天然グリセリン」の2つの保湿成分による
「ダブル保湿」に、うるおい成分「スクワラン」を配合した保湿ティッシュです。
「スクワラン」は、元来わたし達のお肌にも皮脂成分として含まれているそうです。

実は、今年3月の大震災後の品不足で、それまで使っていたティッシュペーパー
が入手困難となり、主人の実家から急遽送ってもらったのが『鼻セレブ』でした。
以前からその存在は知っていたのですが、初めて使ってみて、案外使い心地が
良かったので、その後も引き続き使用しています。

以前から使っているクリネックスの保湿ティッシュ『ローションティシューエックス』
のほうがしっとり感は強いように思いますが、若干ヌルヌル、ベタベタ感があるの
で、日常使いには『鼻セレブ』を選んでいます。しっとり柔らかいけれど、さらっとし
ていて、使用感がとてもいいです。

ただ、ひどい風邪の時などは、私にはクリネックスの『ローションティシューエック
ス』のほうがいいようです。

左がネピア『鼻セレブ』、右がクリネックス『ローションティシューエックス』です。
P1001145a.jpgP1000453.JPG

Vixen(ビクセン)のルーペ『メタルホルダー』 [日用品・医療品]

毎日使うものではないけれど、ないと困るものがあります。
我が家では、Vixen(ビクセン)のルーペがそんな必需品のひとつです。

私達が愛用しているのは、3倍、4倍、5倍の3枚のレンズがセットになっている回転
収納式ルーペ『メタルホルダー』で、主人と私それぞれが一個ずつ所有しています。
レンズは単体でも、2枚または3枚合わせても使えるので、組み合わせ次第で倍率
は全部で7種類になります。

Vixen(ビクセン)の『メタルホルダー』は、鉱物や宝石の鑑定、印刷物のチェックなど
に適した高倍率のルーペで、私達はマニュアルなどの細かい文字、アクセサリーの
刻印やミル細工、宝石の内包物や留め方などを見る時によく使います。
以前、このルーペのおかげで、購入したばかりのパヴェセッティングのアクセサリー
に細かい布の繊維が絡んでいることに気づき、きれいな製品と取り替えてもらったこ
とがあります。(店員がクロスで拭く時に、繊維を引っ掛けてしまったようです。)

また、主人は電子部品の半導体を見るのにも使うようです。
私は、スカーフやマフラーに縫い付けられたタグを外すため糸を切る時にも使います。
近年夫婦そろって老眼が始まりつつあるあるので、老眼鏡がわりにもなっています。

ただ、『メタルホルダー』はもともと携帯用で、長時間の使用には適していません。
よりサイズの大きい「手持ちタイプ」や「スタンドタイプ」にも心惹かれる、今日この頃
です。

レンズを開くと左のような状態になり、収納すると右のようになります。
P1000855.JPG

小林製薬の『熱さまシート』 [日用品・医療品]

風邪をひいて熱が出ると、頭を冷やしたくなります。
そんな時、我が家では、小林製薬の『熱さまシート』を使っています。
おでこに貼るだけでヒンヤリ感がけっこう長く続き、お手軽なので、とても重宝
しています。つい最近の風邪でも、しっかりお世話になりました。

以前は、アイスノン(だったと思う)を冷凍庫に入れていました。
ところが、どういう訳か、常備している時は全く風邪をひかず邪魔になり処分し、
処分すると風邪をひいて熱が出てしまい再び購入する、という悪循環を何度か
繰り返していました。
冷凍庫から出して保管していたこともあるのですが、それでは急の発熱に対応
できず、結局必要な時に使い物になりませんでした。

そうこうしているうちに、『熱さまシート』を使い始めて、今では救急箱に常備して
います。急に熱が出ても、これで安心です。

ちなみに、暑がりの主人は、夏の暑い夜におでこに貼って寝たりしていますが、
こうすると幾分か涼しくなるようです。
また、主人の会社には、「頭がスッキリする。」と言って、夏の暑い日におでこに
貼って仕事をする社員もいるそうです。

P1000901.JPG

LED電球と節電 [日用品・医療品]

最近、主人が我が家の電球をLED電球に付け替えました。

電力不足が話題になることも多いですが、LED電球は通常の電球に比べて
消費電力が小さいので、いくらかは節電になるそうです。
また、電球そのものの寿命もかなり長く、買い替えや取り替えの手間が省け
るのが売りのようです。

主人は以前からLED電球に興味があって使ってみたかったそうですが、価格
が高いので、なかなか決心がつかなかったようです。
今回の電力不足が購入のきっかけになり、本人も満足しています。
でも、長寿命を実感できるのは、随分先のことになりそうです。

我が家で使用しているのは東芝のLED電球 E-CORE(イー・コア)の電球色
で、寿命が40000時間(一日10時間の使用で、約10年間)だそうです。
LED電球に替えたところ、お部屋の雰囲気も若干変わりましたが、主人も私も
LED電球の明かりもけっこう好きです。
(お店の話では、メーカーによって明るさや色に多少違いはあるようです。)

P1000852.JPG

救急絆創膏『ケアリーヴ』(ニチバン) [日用品・医療品]

私はどちらかというと敏感肌なようで、絆創膏でもかぶれてしまうことがあります。
以前はいろいろなメーカーの絆創膏を使っていたのですが、長時間使用していると
肌が荒れたり、かゆくなったりと不都合が出ることもありました。
でも、ニチバンの『ケアリーヴ』を使うようになってからは、その類のトラブルが減った
ようで、気がつくと、『ケアリーヴ』ばかりを使うようになっていました。

『ケアリーヴ』にはレギュラータイプと防水タイプがあり、形状やサイズも用途に合わ
せて豊富にそろっているようです。
私はT型の絆創膏を指先のけがに使いますが、とても使い勝手がいいです。
普通の絆創膏だと入浴時に取れてしまったりしがちですが、指先をくるむようにT型
の絆創膏を貼っておくと、そのような心配もほとんどないです。

他にもいろいろな種類があるようなので使ってみたいとは思うのですが、一つのお店
に全部揃っていないのが残念なところです。
今度、ネット通販を利用してみようかと思っています。

左が普通の絆創膏、真ん中が防水の絆創膏、右がT型の絆創膏です。
P1000735.JPG

ELECOM『(液晶用)ウェットクリーニングティッシュ』 [日用品・医療品]

私は、洗えるものは何でも洗いたいほうです。
でも、洗えないもののお手入れには、あれこれ気を遣います。
そんな私の強い見方が、ELECOMの『(液晶用)ウェットクリーニングティッシュ』です。
もともとは液晶用クリーナーですが、私は、コレでけっこう何でも拭いてしまいます。
特に、ビニールやプラスチックに付着したカーボン汚れを取るのに役立っています。

たとえば、定期的にCDケースのお手入れをします。
CDケースは静電気が起こりやすいようで、表面に黒っぽいカーボンが付着してしまいます。
以前は水拭きしていたのですが、白い部分を水でこすると黒っぽい色素が沈着して
取れなくなることがありました。でも、このクリーナーを使うようになってからは、汚れ
落ちもよく、快適にお手入れが出来ます。

あとは、キーボードやマウス、電話、ペン、リモコンなど、目に付いたものを拭いています。
ELECOM製だけでも色々な種類のクリーナーがありますが、私は薬剤がライトなものを
選んでいます。

P1000448.JPG

クリネックス『ローションティシューエックス』 [日用品・医療品]

我が家には、風邪の季節や花粉症の季節には欠かせないものがあります。
クリネックスの『ローションティシューエックス』です。
保湿成分「天然グリセリン」「ソルビトール」が配合されていて、しっとりしなやかな
ティシュペーパーです。

このティシュペーパーを使うようになってから、お鼻の周りも肌荒れ知らずになりました。
ただ、保湿成分配合のためか若干ベタベタ感があるので、平常使いはしていません。
また、湿度の高い夏場は、いっそうベタベタ感が増すので、あまり使わなくなります。
でも、今の季節には、お鼻専用ティシュとして大活躍です。

他のメーカーも同様の効果を狙った商品を販売しているようなので、クリネックスが
一番いいかどうかは分からないですが、私的には、満足しています。

P1000453.JPG

『口内炎パッチ大正A』(大正製薬) [日用品・医療品]

私は、それほど頻繁に口内炎に悩まされるほうではないのですが、
最近は歳のせいか、一旦口内炎ができると、明らかに治りが遅いと感じます。

そんな折、おもしろいものを見つけました。
口内炎に直接貼り付けて、保護しながら治療する『口内炎パッチ大正A』です。
初めて使った時は、とても使い易くて、痛みとも無縁で、
それまでの苦労が恨めしくなるほどでした。

その後も何回か使ってみましたが、口内炎ができている場所によっては、
すぐに剥がれてしまって、今ひとつ使い難いこともあります。
でも、ないと不安になるので、必ず在庫を確保している我が家です。

P1000447.JPG

日用品・医療品 ブログトップ